大相撲

今年の写真二枚、思いがけない過去一枚

大相撲がコロナ禍に入って永くなっている。引退大
相撲や巡業など戻りつつあるモノがある反面、前夜
祭、土俵祭などまだまだのモノもある。コロナ禍だ
とどうしても土俵を離れるとマスクがつきまとう。
そんななか今年の写真を土俵外と土俵上からピック
アップしてみた。

今年の一枚、土俵外は10月の感謝祭の炎鵬である。
国技館地下でファンと卓球をする姿を捕らえた。

<炎鵬>

土俵上では十一月場所、豊昇龍が翠富士にかわず掛
けを決めた一番である。豊昇龍は思いきって技をか
ける。中途半端にはやらない。これが決まる要因に
なっている。

<豊昇龍のかわず掛け>

過去の写真から一枚。五月場所栃丸が新十両に昇進
した。苦労人栃丸は幕下時代意外な相手と対戦して
いた。宇良もそうだし、若隆景もそうである。ここ
ではまだざんばらの若隆景戦を紹介しておく。2017
年九月場所のこの一番は栃丸が勝っている。

<栃丸対若隆景>

2023年も貴重な一枚を求めて足を使って撮り続けて
いく。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.