大相撲

■22福岡11日目 気力なき御嶽海は引退間際のような相撲

幕下で朝乃山が6番相撲で負けた。対戦相手は玉正
鳳である。朝乃山に勝つためには2つの方法が考え
られる。1つは離れて戦うことである。四つ身では
幕下クラスでは対抗できない。2つめは朝乃山の圧
力をまともに受けないことである。玉正鳳は動きの
なかで2つのことを成し遂げ、はたき込みで朝乃山
に勝ったのである。朝乃山は痛恨の1敗であった。
残りの一番を勝って6勝1敗とし、早く十両に復帰
することである。

遅きまきながら1敗王鵬と3敗阿炎戦が終盤になっ
てやっと実現した。幕内下位の経験しかない王鵬と
横綱はじめ実力者と対戦してきた阿炎では地力が違
い過ぎた。阿炎の突きに王鵬は何もできずに土俵を
割った。王鵬はこれまで前頭9枚目以下との対戦で
あった。12日目は一挙に番付をあげて関脇との対戦
である。1敗豊昇龍と優勝をかけての対戦となる。
二人はしかも同期である。

<王鵬、阿炎に完敗>

2敗高安は2敗錦富士と対戦した。錦富士が2敗と
いっても上位戦はない。つまり実質2敗と見かけ上
2敗の対戦である。高安は終始落着いていた。錦富
士の動きにあわてることなく攻め続け、最後向こう
正面に押し倒した。12日目、高安は竜電と対戦する。

<高安、錦富士を寄り倒す>

先場所の優勝者玉鷲は錦木に敗れ早くも負け越した。
初優勝の翌場所は5勝10敗だった。今場所は残り4
日で3勝8敗である。再び2けた負けもあるかもし
れない。まさに混迷の時代である。

御嶽海の気力のなさは目を覆う。豊昇龍戦は力なく
ずるずる後退して土俵を割った。御嶽海はまるで引
退間際のような相撲である。一月場所優勝した御嶽
海にはほど遠い。あまりに落差が大き過ぎる。これ
では豊昇龍の引き立て役である。

<御嶽海、気力なき敗退>

正代は若隆景に闘志あふれる相撲で勝ち、5勝6敗
とした。地元九州だけに館内は拍手の嵐だった。12
日目は霧馬山戦である。未対戦は貴景勝、御嶽海、
玉鷲である。勝ち越しは微妙な情勢である。正代が
大関を降格すればとりあえず、1横綱1大関時代に
突入することになる。

11日目を終了し、1敗豊昇龍、2敗高安・王鵬とな
った。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.