大相撲

■22福岡10日目 速攻豊昇龍!正代くだし1敗堅持

優勝争いは佳境に入ってきた。場所前優勝候補をあ
げることは困難となった今、中盤最終日の10日目で
見通しが立ってきた。

1敗の豊昇龍は大関正代と対戦した。カド番正代は
ここまで4勝5敗と苦しい展開。地元熊本出身とあ
って福岡国際センター内に声援や激励がとぶ。本来
声出し声援は禁止されているが、けっこうとんだ。
これを受けて豊昇龍の心中はどうであったのか。
負けん気に火がついたかもしれない。

<豊昇龍、正代戦速攻の勝利>

相撲は両力士当たり合っての探り合い。そのなかか
ら豊昇龍が一気に走った。速攻である。正面土俵際
正代の突き落とし。豊昇龍が早く落ちたように見え
たが、その前に正代の足が出ていた。

豊昇龍は1敗を守って終盤戦を迎える。11日目は九
月場所対戦がなかった御嶽海戦。その後は貴景勝、
若隆景、霧馬山、王鵬が予想される。

前日明生に不覚をとって2敗の高安。追いかける立
場としてはもう負けられない。高安優勝待望論は以
前からあったが、館内のファンからも聞くことがで
きた。10日目は曲者翔猿といやな相手。だが、高安
はあたってはたき込むと翔猿はくずれた。小さい翔
猿にパワー勝ちであった。11日目は錦富士戦。高安
は自分より上の力士との対戦はすべて終わっている。
下位では琴ノ若、翠富士、若元春、王鵬戦が予想さ
れる。

<高安、曲者翔猿をはたき込む>

1敗王鵬はなぜか4勝5敗の碧山戦だった。まった
く興味がもてない取組であった。11日目は阿炎戦だ
が遅すぎる。すでに阿炎は3敗となってしまった。
なぜ、もっと早く対戦させなかったのか。十一月場
所のミステリーとなってしまった。

大関貴景勝は10日目、快調な相撲で霧馬山を押し出
して3敗を維持した。トップとの差が2差あるので
地力優勝はできない。1敗組が2敗となって降りて
来ればチャンスは生まれる。そうなった場合千秋楽
結びの一番はひょっとしたら貴景勝対豊昇龍という
ことも考えられる。

<貴景勝、快心の押しで霧馬山に勝利>
当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.