大相撲

■22福岡9日目 優勝戦線に変化あり

2022年11月21日

幕下朝乃山が湘南乃海をくだして5連勝とした。こ
の中には十両徳勝鵬に勝った一番も含まれている。
朝乃山は5勝なら十両に上がれる可能性がでてきて
た。だが、朝乃山は7勝で文句なしの十両復帰が狙
いであろう。今度こそ、関取復帰を達成しておきた
い。

優勝戦線にいる力士は上位では1敗豊昇龍・高安、
2敗貴景勝とどうやら今年1年優勝者の顔ぶれが、
すべて変わりそうである。優勝ラインが4敗なら、
若隆景の可能性があるという声がある。4敗は優勝
とはいえない。単なる1位にすぎない。100メート
ル競争で見たいのは9秒台である。11秒の優勝なん
て誰も見たくはない。

<高安、明生に敗れ2敗>

最初に登場したのは1敗高安である。対戦相手は4
勝4敗の明生である。相撲は、突き合いから明生が
高安のふところに入り、寄り切った。高安にいいと
ころはなかった。あっさり負けであった。高安は痛
恨の2敗となった。

もう一人の上位1敗、豊昇龍は前日正代に勝利した
佐田の海である。勝負はあっけなかった。立ち合い
からの上手投げで佐田の海を瞬殺した。豊昇龍は技
を思い切ってかける。かつて若隆景を背負い投げで
投げ飛ばしたことがある。

<豊昇龍、立ち合い一瞬の上手投げ>

貴景勝は強くてもそれが持続されない面がある。こ
の日の翔猿戦にそれが出てしまった。立ち合い翔猿
にかわされ、押し合いのなかから動きが膠着する。
スキを見て翔猿が下から押し立て青房下土俵に押し
出した。貴景勝は3敗となり大きく後退した。


<翔猿に押し出される貴景勝>

御嶽海・正代は9日目もそろって負けた。御嶽海は
気力・闘志がまるで感じられない。勝とうという意
欲もみられない。正代は弱すぎる。仮に大関を守っ
てももはや大関の実力はない。正代が大関にいると
番付の矛盾だけが浮き彫りになる。

優勝戦線は1敗阿炎が敗れ、豊昇龍と未知数の王鵬
が1敗でトップになった。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.