大相撲

■22福岡3日目 優勝条件!まず中日まで3敗しないこと

まず、最初にお詫び申し上げます。土俵の目撃者を
皆様にお届けするための設定に不具合が生じ、公開
が大幅に遅れてしまいました。プログラムの師匠と
メールしながら、日付を変更後も取り組んできまし
た。どうも師匠のほうでは操作に問題がなく、こち
らの不具合は謎のままでした。師匠には深夜遅くま
でご協力いただき、感謝しかございません。今朝操
作してみたところ1点を残してどうにか進むことが
できるようになりました。ただ、まだ安定したとは
いえませんし、問題を残したままです。再び遅れる
恐れもありますことをお詫びともどもご承知おき願
います。

3日目、この時点の成績を問うことにそれほどの意
味はない。それでも中日までで3敗したら優勝戦線
からの脱落を意味する。だから御嶽海が負けようが
貴景勝が高安に不覚をとろうが、いちいち気にする
時期ではない。貴景勝としては痛いが、高安が先に
攻めて先手を取った、貴景勝はこらえるのがやっと
だった。だからはたき込みが派手に決まった。立ち
合いは同時に立って、先に攻めろ、はセオリーであ
る。

<貴景勝を攻めまくった高安が勝利>

琴ノ若は、特に正代と大関時代の御嶽海には強かっ
た。大関7連勝したことがあった。正代には5連勝
と1度も負けていない。それだけに3日目の琴ノ若
対正代戦が気になった。相撲は、正代が果敢に攻め
て一方的な相撲になった。正代の琴ノ若戦の勝利は
大きい。正代はこのところ序盤で負けが先行しすぎ
ていた。苦手琴ノ若ということで思い切った攻めが
出た。



<正代、苦手琴ノ若をくだす>
<豊昇龍、逸ノ城を攻めきる>

豊昇龍の顔は眼光鋭く、気合い十分である。パワー
相撲の逸ノ城に真っ向から攻めて、攻めきってしま
った。おじの朝青龍は琴光喜が優勝したのを見て、
おれもできると思ったという。豊昇龍も関脇以下の
優勝を見てきて期するものがあってもふしぎではな
い。3勝といい出だしになった。豊昇龍は2ケタ勝
利が必要である。9勝を何場所続けても大関には、
なれない。

翔猿は曲者ぶりを発揮した。立ち合い低く、足取り
にいくかにみえた。実際は玉鷲の懐に入って寄り切
った。ほかの上位陣は油断ができない。その反面用
心してかかり、よく見て攻める恐れもある。

中日までに優勝戦線に残れるか否かの戦いがこれか
らも続く。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.