大相撲

■22福岡4日目 三役対平幕戦は1勝4敗のお寒い現実

4日目、三役同士の取組は霧馬山対翔猿、玉鷲対大
栄翔の一番である。霧馬山は翔猿の動きを封じた。
左上手、翔猿の首を決めた形で右がはいった。これ
では翔猿は苦しいし、何もできない。霧馬山は機会
をうかがって上手捻りで決めた。玉鷲は激しい突き
押しのなか押し出しで大栄翔をくだし、今場所よう
やく初勝利となった。

ほかは三役対平幕で5番あった。御嶽海が宇良を圧
倒して勝った以外はすべて平幕が勝った。関脇豊昇
龍は高安と対戦した。高安は好調だ。立ち合いあた
り勝って前へ攻め立て、はたき込んだ。豊昇龍はた
まらず手をついた。豊昇龍は高安にパワー負けした
ことがすべてであり、敗因となった。

<高安にパワー負けした豊昇龍>

関脇若隆景は琴ノ若と対戦した。若隆景は前へ前へ
と出るも琴ノ若まわりこんでの腕捻りで決めた。若
隆景は先場所の11勝を受け手の場所だけに期待され
たが、早くも2敗目となった。この場所2ケタ勝て
なければ若隆景への期待は急速にしぼむ。なんとか
踏みとどまってほしいが。

<若隆景、琴ノ若に苦杯>

大関貴景勝は話しにならない。明生相手に押し込め
ないとみると引きにでた。引いてくれたらごっつあ
んとばかりに明生はつけいって出て寄り切った。押
しは忍に通じる。今日の貴景勝は自滅的敗戦であっ
た。

<自滅した貴景勝>

大関正代はここ2日勝利しているが、本気の逸ノ城
にはお手上げだった。逸ノ城は何が何でも勝つ意気
込みがあった。正代が多少のこしても追撃して寄り
切った。逸ノ城は強いときともろいときはある。こ
れではなんとも計りがたい。正代はこれで2勝2敗
となった。カド番であるだけに白星先行でないと危
ない。降格して10勝以上するより、カド番で8勝す
る方が達成しやすいのは言うまでもない。

<逸ノ城、迫力の攻め>

かくして上位受難の日となったが、勝負はここから
である。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.