大相撲

一天にわかにかき曇った照ノ富士・御嶽海

十一月場所がだんだん近づいてきている。1年前の
十一月場所、照ノ富士は全勝優勝して新横綱から
連続優勝している。年間最多勝77勝13敗でまさに
充実期であった。照ノ富士に対抗できる力士はいな
い。照ノ富士は何回優勝できるのか。11人しかいな
い3連覇以上の優勝はできるのか。そんな話題に包
まれていた。

<2021年11月 全勝優勝した照ノ富士>

ところが今年に入って一転した。三月場所は横綱
初休場。五月場所は優勝したが、苦手大栄翔、玉鷲
などに負けてのスキあり12勝優勝だった。九月場所
は再び休場した。ひざの手術をするというから十一
月場所の出場は難しい。白鵬がやはりひざの手術を
したがリハリビの期間を設けている。白鵬36歳、
照ノ富士30歳から31歳というちがいはある。もう
1点、白鵬は右ひざだが照ノ富士は両ひざである。

<2022年9月翔猿に敗北した照ノ富士>

相撲は体を支える下半身がポイントになる。出足、
バランスなどには欠かせない。照ノ富士は復帰でき
るのか。万全になるまで休場したほうがいい。中途
半端に出て休場を繰り返すことが最悪である。横綱
は残念ながら1人しかいない。誕生する気配はまる
でない。照ノ富士にはもうひとがんばりして再起
していただきたい。

御嶽海は一月場所優勝して場所後大関に昇進した。
素質・素材からいうと遅くなったが、ようやく大関
に昇進した。それが様変わりした。五月場所負け
越し。カド番で挑んだ七月場所は2勝4敗(不戦敗
含まず)で新型コロナウイルスの感染部屋ごと休場
に追い込まれた。途中経過で負け越していたのだか
ら、カド番が延期されたことは幸運だった。

<2022年1月大関に昇進した御嶽海>

ところがその幸運を生かすどころか、4勝11敗と
いう大敗で大関の座をあっさり明け渡した。十一月
場所は規定により10勝以上の成績で大関に復帰でき
る。この規定は昭和44年七月場所から施行された。
これまでのべ25人(朝乃山を含む)が大関から降格
して10勝以上の規定で戻ってきた力士はのべ7人に
すぎない。御嶽海は7/25に挑むことになる。

<2022年9月明生に敗れた御嶽海>

大相撲は暗転し、深刻化してきている。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.