大相撲

大横綱双葉山の幕内対戦成績1

双葉山といえば真っ先に思い起こすのが69連勝であ
る。では69連勝は誰から始まり、69連勝目は誰かご存
知だろうか。答は、最初は瓊ノ浦であり、69連勝目は
駒ノ里である。双葉山の幕内対戦成績はどのような
モノなのか。改めて調査してみた。

<双葉山のブロマイド>

双葉山が入幕したのは昭和7年春場所である。これは
春秋園事件で大量の力士が脱退したための繰り上げ
入幕措置であった。それも、いきなり前頭4枚目に
位置したのである。本来十両、あるいは幕内の下位
で力をつけるところであった。ただ20歳で若かった。
現在でも20歳あるいは19歳以下の新入幕は珍しい。
現役では栃ノ心、貴景勝、阿武咲、琴勝峰が該当す
る。

まず、先輩横綱との対戦からみていこう。第一人者
玉錦とは4勝6敗である。それも6連敗4連勝であ
る。双葉山は勝つための奇襲や作戦的な相撲は取ら
なかった。常にまともにいって相手との力の差を肌
で捕らえていた。「双葉山の相撲はあれでいいんだ」
といっていた玉錦も勝てなくなると「今度こそ双葉
を倒すんだ」に変わり、闘志を燃やした。双葉山は
「最後は相手を思うほどの心のゆとりでした」と
玉錦を語っていた。

<玉錦のブロマイド>

武蔵山には3連敗1分1敗のあと2連勝している。
武蔵山が横綱に昇進してから休場が多くなり、昭和
13年夏場所が最後の対戦になった。同時に玉錦戦も
最後になった。この年の12月、巡業先で盲腸炎に
なった玉錦は自己流の処置で帰らぬ人になっていた。

男女ノ川戦は5連敗10連勝であった。1度勝ったら
もう負けなかった。最初の1勝は昭和11年春場所で
あった。男女ノ川に勝った翌日玉錦に負けた。その
翌日から69連勝は始まった。

<男女ノ川のブロマイド>

後輩横綱戦はどうであろうか。双葉山の連勝をスト
ップしたのは安藝ノ海であった。双葉山を倒した力士
がこのままではいけない、と一念発起して横綱にまで
なった。ただ、双葉山はもう2度と安藝ノ海に負け
ないだろう、という見方があった。その通りになっ
た。このあと双葉山は安藝ノ海に10連勝(1不戦勝
含む)している。

<安藝ノ海のブロマイド>

照國には2勝3敗と負け越しているが、これには理由
がある。入幕以降常に系統別総あたりだったが、昭和
15年から東西制が復活した。双葉山と照國は同じ方屋
になった。これが昭和17年春場所まで続いた。その
ため好取組双葉山対照國戦がこの間失われてしまっ
た。

<照國のブロマイド>

前田山が横綱になるのは戦後である。昭和16年春場
所、双葉山14勝1敗、羽黒山14勝1敗だが、その1敗
はともに前田山によるものである。この場所前田山の
張り手旋風が吹き荒れた。その前田山とは7勝1敗
であった。

(この項目続く)

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.