大相撲

蒼国来引退大相撲レポート

蒼国来の引退大相撲チケットは琴奨菊同様当日売りを
求めた。だが、またしてもそれなりのけっこうな列が
できていた。しかも売り出しは10時だという。イスC
は販売されていない。情報通の話だと各種学校に配布
したという。販売されていたのはイスAとイスBのみ
であった。マス席は売り出されていなかった。

<蒼国来>

プログラムで目にはいったのは、勇輝と大波3兄弟=
長男若隆元、次男若元春、三男若隆景による相撲甚句
であった。それも従来あるものではなかった。土俵に
輝く三つの矢と蒼き空より海を越えてであった。勇輝
が歌い手で3兄弟が合いの手であった。勇輝は熱唱
した。弓とりもやるなどこの日は大活躍の一日であっ
た。

<相撲甚句>

断髪式が始まった。ただし何人がはさみを入れるのか
はアナウンスされなかった。蒼国来は正面-西-向こ
う正面-東-正面と向きを変えていった。途中、車
イスの断髪者のために土俵を降りた場面があった。
協会関係者のはさみは若隆景ら部屋の関取、宮城野
(元白鵬)、鶴竜、一門の理事陸奥(元霧島)など
がはさみを入れた。照ノ富士のはさみはなかった。

<はさみを入れる鶴竜>

スポットライトが蒼国来にあたる。土俵を離れた時
期、つらい日々を支えた方々。集めた署名。親方夫妻
の苦難。無実を勝ち取り土俵に復帰した。館内が明る
くなった。そして最後は先代荒汐元大豊の止めばさみ
となった。蒼国来は荒汐部屋最初の関取だった。髷は
離れ断髪は完了した。四方に礼をしたかつての師弟。
その後元大豊は挨拶を述べ、断髪式は終了した。

<かつての師弟>

異色の対決が実現した。若隆景対若元春である。本
場所なら優勝決定戦でしかありえない。それだけでは
ない。35本の懸賞がついた。それも本場所のような
カラフルな懸賞ではない。紙に書いた白黒のお手製
である。勝負は力がはいる内容だったが、地力に勝る
若隆景が勝利した。

<若隆景泰若元春>

整髪を終えた蒼国来が驚きの登場を演出した。木遣り
とともに登場したのである。壮観な光景であった。
時間をかけて土俵に立った蒼国来が挨拶に立った。
蒼国来は苦労人であっただけにいい師匠になりそう
である。荒汐部屋のファンも増えてきている。前日
の琴奨菊引退大相撲よりは1時間以上早く終了した。

<整髪した蒼国来>
当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.