大相撲

■22秋9日目 留まるところを知らない金星配給 

ここ2日間照ノ富士らしい相撲が取れていたのが一転
した。照ノ富士は高安相手に前に出るも高安はまわし
を取らせず、探り合い。高安がいなしから、引き。
照ノ富士そこを果敢に攻めると高安まわり込んでたく
みにかわす。決め手を欠く照ノ富士に引き。高安つけ
いって押し込む。残して互いに牽制。照ノ富士がけ返
し、高安かまわずはず押しで最後黒房下土俵に押し
出した。

<照ノ富士4つ目の金星を配給>

相撲は白熱したが、照ノ富士は根負けした。ひざが
悪いからなかなか勝てないが、健康上の理由をいくら
言っても相手には勝てない、と言ったのは力道山で
ある。5勝4敗4金星配給、9日目の相撲でかなり
追い詰められた。勝てなくなった横綱。金星を配給
しまくる横綱。なんとも寂しく悲痛な結果になった。
照ノ富士は横綱7場所目で最大のピンチを迎えてい
る。

全勝北勝富士は若元春を圧倒して9勝とした。実は
北勝富士はここまで前頭6枚以下との対戦ばかりで
ある。幕内中位からだけの白星である。10日目は2敗
高安戦である。このあと玉鷲、若隆景、貴景勝、琴ノ
若あたりが組まれそうである。照ノ富士戦は取組を
くずさない限り実現しない。

<若元春を退けた北勝富士>

1敗玉鷲は激しい攻めでまわり込む明生を追撃して
寄り倒した。出足、スピード相撲がさえまくってい
る。10日目は御嶽海戦である。星勘定、明日は弱い
大関だからから白星(?)。最大の山場は北勝富士
戦だが、いつ実現するのか。

<玉鷲、明生を圧倒>

それにしても横綱・大関で誰一人として優勝争いに
からめない。それも9日目を終了した時点でのこと
である。誰が優勝するかわからない。優勝候補でない
者が優勝争いをする。まさに混沌の時代に大相撲は
入っている。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.