大相撲

■22秋3日目 迷走する優勝の行方

大相撲において難しいこと。それは優勝予想である。
2日目を終えてなおさら難しくなった。混迷の時代は
新しい英雄を求めているが、果たしてそれは誰になる
のか。そうした状況のなかで3日目をむかえた。

前日思わぬ1敗をきっした照ノ富士は、若手の成長株
琴ノ若と対戦した。相撲は予想外となって、照ノ富士
が積極的に果敢に前に攻めたてた。琴ノ若は左へ右へ
と動くも照ノ富士のがさず、最後は黒房下土俵に押し
出した。

<照ノ富士、琴ノ若に圧勝>

今日の照ノ富士は気合いが違った。勝利への意欲、
意気込みがあふれていた。照ノ富士は右四つで自分の
相撲を取ることが第一である。相手十分で耐えて勝つ
ではスタミナ切れになる。相撲はいかに自分の力が
発揮しやすい体勢をつくるかの競い合いである。

初日、玉鷲に1敗した豊昇龍だが、次第に調子をあげ
てきた。先場所優勝の逸ノ城に対して左上手を取って
左へ動く中で最後は外掛けで決めた。豊昇龍は常に
気合十分、闘志あふれる相撲を取る。逸ノ城の巨体を
問題にしなかった。

<豊昇龍、外掛けで逸ノ城を倒す>

カド番御嶽海は2勝と幸先いいスタートを切った。
だからといってこのままいくとは考えられなかった。
3日目明生相手に引いてあっさり敗北した。負ける
べくして負けた。正代は上位初挑戦の翠富士にあっさ
り負けた。今日はもろい正代が露呈した。また負けが
先行したことで期待は急速に失われた。

<御嶽海、明生にあっさり負け>

三役以上は全勝なし。優勝はますますわからなくなっ
た。これが現代大相撲の特徴になってきた。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.