大相撲

2022年九月場所直前考

七月場所は多くの部屋ごと休場を出した。不戦勝不戦
敗を大量に出し、取数数は激減した。これに優勝戦線
の力士がいたなら場所の壊滅的打撃は計り知れなかっ
た。個人的には濃厚接触者が陰性ならば出場させ、
感染者を隔離させてはと思っていた。それが九月場所
から規定が変わり、緩和されることになった。

<休場続出の七月場所>

コロナ感染者は1週間の静養期間後再出場ができる
ようになる。感染判明は前半に限定されることにな
る。また、濃厚接触者は翌日、翌々日陰性ならば出場
が可能である。なお、阿炎は初日から休場である。
8月下旬にコロナ感染したが、理由は足首・両肘の
負傷によるものだと伝えている。そのため取組を割り
返している。

<3小結の一角阿炎休場>

場所前から優勝候補をあげるのが、難しくなった。
むしろ、誰が優勝するかより、今年の優勝者の顔ぶれ
が5人とも別になるか否かが見所になる。それと3
場所連続12勝優勝が続いているが、これに終止符が
うたれるのか。今年、13勝以上の優勝及び13勝以上の
成績は一月場所の御嶽海一人しかいない、という寂し
さである。

<御嶽海>

御嶽海はカド番のやり直しになるが、大関のカド番が
話題になることは過去も現在もない。8勝で大関が
守れるのだから白けるだけである。ただ、カド番で
優勝した大関がいる。貴乃花は親子で達成している。
豪栄道は全勝優勝だった。
貴ノ花
小錦
貴ノ花 子
魁皇
千代大海
栃東
琴欧洲
豪栄道

元白鵬がスポーツ報知の評論家になった。そこで若手
の琴ノ若、豊昇龍に勢いを感じているという。その点
は筆者も変わらないが、気になる点がある。ホープに
異名がないのである。かつて貴乃花は角界のプリン
ス、輪島は蔵前の星と呼ばれた。北の湖は怪童、千代
の富士はウルフであった。

<技能派翠富士>

成績以上に番付をあげた力士がいる。翠富士・平戸海
は10勝5敗で10枚、7.5枚とアップした。翠富士は初の
上位戦、平戸海は新入幕である。こういうケースは
家賃が高いといって、なかなか勝てないのが普通で
ある。しかし、上がったら上がったなりの相撲を取る
力士もいる。上位はかなり難しいが、新入幕は一山本
のように勝ち越す可能性はある。

初日から15日間国技館で、生でこの目で見た大相撲
レポートをお届けします。ご支援何卒宜しくお願い
いたします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.