大相撲

■22秋初日 立ち合いから攻め切れない貴は勝てない

初日、観客が戻ってきた。見た目だが、85%以上の
入りのように映った。今場所から正面2カ所に設置
された特別席が登場し、人の姿が目に入った。ボッ
クス席2つとマス席7つを合体させた超特別席の出現
である。事情通の話では年間45日で2000万円だという
から大変な額である。

初日最も注目した取組は大関貴景勝対小結逸ノ城戦で
ある。先場所の次点同点力士と優勝力士の対戦であ
る。先場所貴景勝は負けているが、勝っていたら優勝
は貴景勝になっていた。勝負にたらればはない。逸ノ
城は勝つべくして勝った。それは今場所も変わらな
かった。

<逸ノ城、貴景勝を圧倒>

貴景勝の法則:立ち合いから攻め切れないと勝てな
い。攻め手がなくなる。逆に攻めたのは逸ノ城であ
る。どんどん踏み込んで前へ攻め、押し出した。逸ノ
城は貴景勝に3連勝中である。貴景勝は逸ノ城を押し
込めなくなってきている。

照ノ富士は霧馬山に食い下がられて苦戦した。揺さ
ぶられても照ノ富士は負けない。じわじわと体勢を
立て直して最後は勝利した。四つ相撲では善戦しても
なかかなか勝てない。照ノ富士を倒すのは突き押し
相撲で後退させることである。照ノ富士も相手十分を
許すと15日間のスタミナに影響する。自分の右四つの
相撲を取り切ることも大切である。

<照ノ富士、霧馬山に耐えて勝つ>

正代は先場所10勝したことが自信になったのか。強さ
を発揮して翔猿を寄せ付けなかった。攻めの正代の
相撲がみられた。ここのところ序盤の成績が思わしく
なかった正代。まだ初日だが、優勝を争う正代をみて
みたい。そして先場所なかった優勝を争う者同士の
終盤の対戦も同様である。

<強い正代、翔猿に快勝>
当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.