大相撲

大関降格をめぐるif

以前大関規定改造論を掲載した。ゆるやかな順に規定
を並べると次になる。

1. 6場所間に2度カド番
2.通算5度カド番
3.3場所連続10勝を割った場合
4.3場所合計29勝以下(休場場所は除く)
5.1と3の併用
別格.関脇・小結と同じ扱いにする
この場合大関になっても伝達式はおこなわない。

貴景勝は新大関から現行の降格規定=2場所連続負け
越しで大関を降格したが、落ちた場所で10勝以上を
あげ大関に復帰した。その後はどうか。1から4まで
をみていこう。まず、1. 6場所間に2度カド番。
2020年三月場所から5場所、2021年七月場所から4場
所、2度負け越している。
1度目 7勝-8勝-12勝-13勝-2勝
2度目 1勝-8勝-12勝-2勝

<貴景勝>

2.通算5度カド番はどうだろう。今年の一月場所で
5度目のカド番であった。貴景勝は大関在位18場所に
なるが、負け越し6場所は多すぎる。 3.3場所
連続10勝を割った場合。これは逆に言うと3場所以上
の連続2ケタ勝利があるか否かである。これは皆無で
あった。4.3場所合計29勝以下(休場場所は除く)
は3場所27勝が2度あるだけであった。

貴景勝にとってifではあるが、1から4の降格仮定
基準は厳しいものになる。

正代はどうか。1. 6場所間に2度カド番に関して
は、6場所といわず3場所で2度負け越している。
1度目 3勝-11勝-7勝
2度目 6勝-9勝-5勝
2.通算5度カド番に関しては大関在位11場所で4場
所負け越している。あと1度でジエンドになる。3.
3場所連続10勝を割った場合でもこの条件を満たす
場所はまだない。そもそも正代は大関になって以降
2ケタ勝利は2場所しかない。4.3場所合計29勝
以下(休場場所は除く)については27勝が最高成績
である。

正代は現行規定でしか生き残れないことになる。

<正代>

御嶽海はまだ大関3場所なので割愛する。ここでは
大関の総合力でナンバー1になった琴風を検証して
みる。大関在位22場所。1. 6場所間に2度カド番に
関しては大関最後の2場所だけが該当する。 したがっ
て2.通算5度カド番は十分にクリアしている。以下
が琴風の大関成績である。
               11勝
10勝-9勝-9勝-11勝-9勝-10勝
14勝-11勝-11勝-12勝-11勝-11勝
11勝-9勝-9勝-8勝-10勝-10勝
8勝-5勝-3勝(途中休場)

3.3場所連続10勝を割った場合は晩年を含み、2度
しか経験していない。4.3場所合計29勝以下(休場
場所は除く)は19ケース中8ケースクリアしている。
4はなかなか難しく、厳しい条件であることがわか
る。

<琴風>

2場所連続負け越しの現行規定だけではどうしても
生ぬるい。もうひとつ1から4の1つと併用すれば
大関に緊張感がでると思うが、いかがだろうか。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.