大相撲

2022年九月場所チケット事情

七月場所、平日はもちろん初日、7日目、8日目、
9日目祝日でも満員にはならなかった。本当に満員
だったのは千秋楽だけだった。それと部屋ごと休場が
多発して場所が崩壊しかねない危機に襲われた。九月
場所に影響はないのか。8月6日九月場所のチケット
の一般発売からすでに3週間が経過した。

チケットの販売状況はどうか。国技館1階のたまり
席、マス席、ボックス席だが、たまり席・ボックス席
は15日間完売である。マス席は土日祝日の7日分は
完売である。平日も残りわずかである。マス席はマス
SとマスAの標準マスは4人、マスBとマスCの4人
マスは2人用となる。この点は五月場所と同じで変わ
らない。

<九月場所の案内>

今回マスAは企画券として白鵬と写真撮影、鶴竜と
バラの花つき、関取と赤ちゃん撮影、還暦記念プレ
ゼントなどのサービスがついている。白鵬に関する
企画券は完売である。関取と赤ちゃん撮影は8月30日
に実施とのことである。マス席の売れ行きは七月場所
より好調のようである。

イス席は全席使用である。まだ15日間購入できる。
千秋楽はイスBとイスCのみである。完売は時間の
問題かもしれない。自由席はない。2階のイス席に
よっては急斜面で手すりがないため、お年寄りには
つらい場所になる恐れがある。

<国技館の風景>

今回チケット大相撲、チケットぴあのインターネッ
ト、コンビニのセブンイレブン、チケット大相撲予約
専用ダイヤルで購入できる。インターネットではイス
席は選択できる。しかし、高いマス席が選択できな
い。できるのは専用ダイヤルのみである。また、イン
ターネットではマスSは購入できない。マス席Sは
専用ダイヤルのみで購入できる。当日売りは未定で
ある。また、一般発売前の選考予約でも当選すれば
という条件つきで購入する方法がある。

チケットの販売は合理化されているのだろうが、気に
なるのはインターネットとは無縁の大相撲ファンで
ある。今のままでは国技館から足は遠のく。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.