大相撲

一人横綱照ノ富士はいつまで続く

照ノ富士が横綱になって1年が経った。一人横綱は
5場所になった。これまで横綱が実質地位化した常陸
山以降一人横綱は以下である。

<照ノ富士>

宮城山 2場所
玉錦  6場所
大鵬  3場所
北の富士8場所
千代の富士3場所
北勝海 1場所
曙   11場所
朝青龍 21場所
白鵬  15場所+2場所

モンゴルの先輩横綱朝青龍・白鵬は一人横綱が長かっ
た。だが2人とも若かった。朝青龍は23歳のとき、
白鵬は25歳のときであった。朝青龍が横綱に昇進した
とき、武蔵丸が横綱だったが、休場続きだった。朝青
龍に対抗できる力士はいなく、優勝はほとんど占めて
いた。白鵬は一人横綱になったとたん63連勝した。
宮城山・大鵬・北勝海は晩年であった。白鵬の+2場
所は横綱鶴竜引退後の晩年である。

<白鵬>

照ノ富士は30歳である。なんとも微妙な年齢である。
両ひざのケガを抱えていつまで取れるのか。照ノ富士
を脅かす存在はいない。しかし、照ノ富士から常勝の
イメージは薄れつつある。誰でも勝てる可能性が出て
きた。今年4場所すぎたが、優勝は1回である。すで
に不戦敗を含め14敗している。照ノ富士は下降して
いる。

<阿炎に敗退>

そうなると照ノ富士の力士生命は2年くらいになる
恐れがある。その間新横綱は誕生するのか。今の3大
関貴景勝・正代・御嶽海はどうしても決め手に欠け
る。貴景勝は26歳になった。年齢上の可能性は残す。
だが、休場が多く、相撲に安定性が欠ける。これでは
横綱は難しい。

最悪は照ノ富士の引退後横綱不在となることである。
そうならないためにもまずは、若くて新しい大関が
誕生することである。だが、ここにきて難問が浮上
してきた。新型コロナウイルス拡大で部屋ごと休場の
恐れが出てきた。好成績を続けても部屋ごと休場を
余儀なくされればチャンスを逃しかねない。

<部屋ごと休場が多発した名古屋場所>

期待したい力士は豊昇龍、琴ノ若。あるいは十両若手
あたりが出てくるかもしれない。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.