大相撲

12勝優勝が続く現代大相撲

七月場所、平幕上位の逸ノ城が12勝3敗で優勝した。
これで三月場所の若隆景、五月場所の照ノ富士に続い
て3場所連続12勝優勝となった。これは15日制が定着
した昭和24年夏場所以降初めてのことである。もっと
も昭和47年には栃東11勝-長谷川12勝-輪島12勝と
いう今回以下のケースがある。ただ、11勝は優勝では
ない。単なる1位に過ぎない。表彰に値しない。さら
に横綱・大関との対戦がない優勝はもっと価値がな
い。ともいえる。

<逸ノ城初優勝>

12勝優勝は低次元優勝、低空飛行優勝といわれる。
北の湖理事長は13勝以上の優勝を横綱昇進の基点に
おいていた。12勝優勝が初めて3場所続いた。これは
絶対強者の不在を意味している。現代は絶対強者が
いない時代である。だから照ノ富士以外優勝候補に
あげられない。その照ノ富士も安定性は失われて負け
が込むケースが目立つようになった。

<北の湖理事長>

照ノ富士がそうした状態にもかかわらず大関は代役を
果たせない。本来チャンスであるはずだ。最高位大関
の優勝は2019年十一月場所の貴景勝以降でていない。
それ以前最高位大関の優勝は2016年九月場所の豪栄道
までさかのぼることになる。好待遇を受けながら気楽
な次男坊では困るのだ。

これはかなり深刻な事態である。九月場所12勝優勝
だとまたかということになる。それでいて次の大関は
みえてこない。次の大関がみえないなら、次の横綱は
もっとみえてこない。現代大相撲は行き詰っている。

<照ノ富士>

優勝候補にあげられず、優勝した力士の翌場所はどう
なったか。令和以降では以下になった。なお、休場が
多い白鵬にも優勝候補外で優勝したことはあるが、
別格とした。

平幕中位 朝乃山→7勝8敗
関脇   御嶽海→6勝9敗
平幕下位 徳勝龍→4勝11敗
平幕下位 照ノ富士→8勝5敗2休
関脇   正代→3勝2敗10休
大関   貴景勝→2勝8敗5休 
平幕上位 大栄翔→8勝7敗
関脇   御嶽海→11勝4敗
関脇   若隆景→9勝6敗

全般的にいえることは本当に地力でした優勝か、と
いうことである。照ノ富士・御嶽海以外はその後優勝
していない。徳勝龍はいま十両で三役経験はない。
逸ノ城は九月場所どんな成績を残すのだろうか。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.