大相撲

■22名11日目 深刻!拡大一途の部屋ごと休場

新型コロナウイルスの拡大は留まることを知らない。
場所前田子ノ浦部屋が部屋ごと休場となっただけで
済まなかった。7日目出羽海部屋が場所中部屋ごと
休場という異例のケースがおきた。だが、異例では
なく始まりだった。その後鳴戸部屋、放駒部屋と続い
た。そして10日目武蔵川部屋。今日11日目は佐渡ヶ
嶽部屋、玉ノ井部屋と7部屋に及んだ。

部屋ごと休場で関取休場は高安、欧勝馬、島津海、
一山元、東白龍、東龍、琴恵光、琴勝峰、琴ノ若に
及んだ。佐渡ヶ嶽部屋は一大勢力だけに幕下以下に
与える影響も大きい。琴ノ若は好調で三役を狙えた
だけになんとも惜しい休場となった。欧勝馬も新十両
がとんでもない場所になった。

<琴ノ若>

休場力士続出で11日目の幕下は最初の取組から塩が
入った。呼出の土俵の整備は何度も見られた。それ
でも、限界があって14時に幕下の取組は一区切りし
た。十両の土俵入りは14時15分からで15分もの待ち
時間があった。初日の取組開始は9時15分だったが、
12日目は10時20分になった。

それにしても部屋ごと休場の各力士の途中までの成績
はどのように扱われるのだろうか。最初から部屋ごと
休場の全休力士とのバランスはどうなるのか。これが
はっきりしないと予想番付など作成しようがないこと
になる。

土俵は結びの一番で熱闘が展開された。照ノ富士に対
し、豊昇龍は右四つ上手を与えない体勢での攻防。
1度体が離れるが、再度組んで左四つ豊昇龍食い下が
る。上手から揺さぶり寄り立て照ノ富士を土俵際に
追い込む。照ノ富士がしのぐと、豊昇龍今度は出し
投げ気味の連続で照ノ富士大ピンチ。しのいだ照ノ
富士が落着いてじわじわと出て最後寄り切った。豊昇
龍は大善戦といっていい。照ノ富士もよく耐えた。
この熱戦で11日目見に来たかいがあった一番となっ
た。

<熱闘照ノ富士対豊昇龍1>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍2>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍3>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍4>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍5>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍6>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍7>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍8>
<熱闘照ノ富士対豊昇龍9>
当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.