大相撲

■22名4日目 巨象逸ノ城、貴景勝にパワー勝ち

2022年7月13日

幕内はサバイバル戦模様になってきた。といっても
まだ4日目ではサバイバル戦の途中に過ぎない。スタ
ートは悪いが上り調子になることだってありえる。
好調かと思えた玉鷲が佐田ノ海に負けるのだから、
相撲はやってみなくてはわからない。また、一番勝負
なればこそ番狂わせもおこる。

巨体を生かしたパワフル相撲で好調なスタートを切っ
たのが逸ノ城である。対戦相手は大関貴景勝である。
大関と平幕だから大関に分があるとは言い切れない
のが現代大相撲である。貴景勝は逸ノ城の巨体を押し
切れるのか。まず、これが頭に浮かんだ。押し切れ
ないと相撲展開は苦しくなる。

<逸ノ城、貴景勝を圧倒>

事実そういう相撲になった。貴景勝のあたりに下がる
ことなく組み止めた逸ノ城がそのまま寄って東土俵
寄り切った。髷をつかんだかどうかで物言いがついた
が、つかんでおらず、逸ノ城の勝ちとなった。逸ノ城
は4勝となった。

先場所ともに11勝をあげた大栄翔と隆の勝が対戦し
た。ともに1勝2敗である。突き押し相撲から大栄翔が
果敢に攻めるも、隆の勝しのいで腰にくいついた。
大栄翔正面土俵かろうじてまわり込むと隆の勝は前に
傾いて落ちた。大栄翔は最後かろうじて星をひろっ
た。

<大栄翔、かろうじて隆の勝に勝つ>

3連敗カド番正代は別人のごとき相撲を取った。対戦
相手は小結豊昇龍。とにかく相手の猛攻をしのぐ粘力
をみせるは、闘魂あふれる攻め相撲を取るはで正代
らしからぬ相撲となった。最後ははたき込みで決め
た。やればできると取るか。3連敗ではまだ黒星が
先行しているから安閑としていられないと取るか。
筆者は後者である。

<正代1勝目>

横綱照ノ富士は新鋭琴ノ若にとったりを決めた。照ノ
富士は巨漢のわりにこうした技やたぐる技をみせる
ことがある。照ノ富士が優勝争いの中心となっていく
ためには苦手玉鷲戦、大栄翔戦がカギになる。

<照ノ富士のとったりが琴ノ若に決まった>

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.