大相撲

■22名2日目 関脇粉砕の破壊者玉鷲・逸ノ城

朝乃山が土俵に帰ってきた。花道に姿を見せたとき
から館内は拍手とざわめきに包まれた。朝乃山が呼び
出しに呼ばれ、土俵に上がった。対戦相手は剛士丸。
武蔵川(元武蔵丸)部屋の25歳。横江の名で幕下に
いたこともある。相撲は朝乃山が寄って向こう正面に
寄り切った。勝負は当然かもしれないが、あっけなか
った。3日目も朝乃山は登場する。

2日目の相撲のテーマは破棄力である。まず玉鷲で
ある。対戦相手は三月場所の優勝者関脇若隆景であっ
た。玉鷲の立ち合いからの一押しの一撃で若隆景は
体勢を大きくくずされてしまった。37歳玉鷲の破壊力
に驚愕するのみであった。横綱照ノ富士には突っ張り
で後退させて3連勝3連続金星である。破壊力抜群の
玉鷲に出くわしたら不運といしかいいようがない。

<玉鷲の一撃にくずれる若隆景>

先場所コロナ休場の逸ノ城。番付を1枚落とされた
鬱憤ではないと思うが、相撲はパワフルである。2日
目、関脇大栄翔相手に巨像のごとき突進で西土俵へ
もっていった。大栄翔は何もできなかった。まだ
2日目だが、ひと味違う逸ノ城である。

<逸ノ城、巨体を生かして大栄翔をもっていった>

照ノ富士は霧馬山と対戦した。四つ相撲では勝ち目は
ないと思ったが、霧馬山は食い下がる体勢をうまく
つくった。照ノ富士は我慢の相撲を選んだ。相撲は
長引いた。最後照ノ富士は体勢を挽回して寄り切っ
た。強引な力相撲にいくことなく、まさに耐えて勝つ
辛抱相撲だった。

<耐えて勝った照ノ富士>

大関は本日も1勝2敗だった。勝ったのは貴景勝のみで
あった。豊昇龍相手に小手投げという珍しい決まり手
となった。琴ノ若は2日目大関御嶽海に勝って大関戦
7連勝中である。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.