大相撲

大相撲!事始

日ごろあたり前のように接している大相撲。制度、
慣習、進行などは常識化しているが、物事には常に
始まりがある。それを探ってみたい。

■公益財団法人日本相撲協会

名称は次のように変遷している。
江戸   相撲会所
明治22年 東京角力協会
大正14年 財団法人大日本相撲協会認可
昭和2年 正式に財団法人大日本相撲協会の名称
昭和33年 財団法人日本相撲協会と改称
平成26年 公益財団法人日本相撲協会

<旧両国国技館の絵葉書>

相撲会所(すもうかいしょ)は宝暦7年(1757年)
ごろできた職業相撲の組織である。明治19年1月、
筆頭を取締に、筆脇を副取締に改称している。明治22
年1月、相撲会所を東京角力協会に改称した。年寄
名義を88に限定した。

転換期は大正14年12月28日の財団法人認可であった。
協会は外部の人材を迎え、運営の改革に着手した。
税制上の優遇が大きかった。昭和2年の東西合併で
正式使用した。昭和33年1月に財団法人日本相撲協会
に改称した。表彰状の読み上げでさんざん聞いてきた
のはこの名称だった。平成26年1月30日、公益財団
法人日本相撲協会として新たな出発をしてからまだ
歴史は浅い。

<八角(元北勝海)理事長>

■審判員土俵下に降りる

土俵下の審判員、現代ではきわめてあたり前の光景で
ある。しかしそうでない時代があった。どこにいた
のか。屋根式の屋形を支える四本柱を背にして座って
いた。だから4人であった。呼称も検査役であった。
力士がなだれ込んできたらかなり危険だと思えるが。
いつから土俵下に座り、5人になったか。昭和5年
夏場所からである。取締が検査長として加わった。
審判員という名称は、昭和43年の機構改革から使用
されるようになった。

<審判員>

■四本柱撤廃

屋根式の屋形をささえていたのは四本柱であった。
ところが、観客からすると柱は死角になって相撲が
見えにくかった。四本柱の始まりは寛政3年と伝え
られている。その伝統を撤廃するにあたり、賛否両論
が渦巻いた。「なくすのはいいが、屋形をどうする
んだ。まさか吊り下げるわけじゃあるまい」そのまさ
かになったのである。なごりとして屋形に4色の房を
下げたのである。かくして昭和27年秋場所から四本柱
は撤廃されて今日に至っているのである。

<旧両国国技館内の絵葉書>

■国技館1階封鎖

今13時を過ぎると国技館の1階に係員が立って、入場
するお客さんのチケットをチェックする。これはいっ
たいいつ始まったのか。相撲史に記されているのか
定かでないが、筆者のメモには残っている。それは
2010年九月場所からである。初期のころは出方さんが
13時まで入り口に立っていた。予告も説明もいっさい
なしであった。正式な理由は発表されていないが、
人のマス席に入って飲み食いして散らかしたからと
いう風説がある。今年で12年続いたことになる。

<2010年九月場所封鎖された国技館1階>
当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.