大相撲

2022年七月場所の人気

また暑い七月場所がやってくる。昨年コロナ
禍で初めて地方場所が開催された場所が名古
屋だった。昨年の観客席は二人マスおよび
イス席の間隔をあけての開催だった。人気は
どうだったか。平日はガラガラだった。13日
目が比較的入った感じである。土日はけっ
こう入ったが、掛け値なしに入ったのは14日
目、千秋楽だけである。チケットの売り方が、
名古屋特有でなじみがなく、お年寄り、外国
人はわかりにくかった。それは今年も変わら
ない。

<七月場所の案内>

今年も五月場所の14日目に七月場所のチケッ
トが発売された。場所のクライマックスに
入っているさなかの販売はいかがなものだろ
うか。場所中は場所に専念したいところで
ある。場所が終わって落ち着いたなかの販売
のほうが賢明であると思うのだが。あまりに
早すぎると予定がどうなるかわからない、
という面もある。

今年は全席使用になる。チケットは発売から
21日経過した。販売状況はどのようになって
いるのか。6月10日9時段階では、結論から
いうと15日間まだ購入できる。千秋楽が最も
売れ、マス席A、マス席Bが残りわずかで
ある。土日祝日の初日、7日目から9日目、
14日目はまだ十分購入可能である。なお、
現在サイトでは全席座席選択ができる。

<チケット>

2人マスとして設定されているらくらく2人
マスBは完売だが、テーブルつき2人マスC
は土日、13日目は完売だが、平日、9日目は
ある。ただし、9日目、11日目は残りわずか
である。イス席は千秋楽以外十分ある。なお、
名古屋特有の電子チケットがあるが、これは
本人しか使用できない。ほかの方が使用する
場合は申し込んだ方のスマホを借りて会場に
もっていくしかない、というややこしさで
ある。

愛知県はともかく、隣県に多くの人口地帯は
ない。東京場所が人口ナンバー1東京都、
ナンバー2の神奈川県がある。千葉県、埼玉
県は福岡県より人口が多い。人口状況が違い
すぎる面はどうしても出てくる。

大相撲はコロナ禍のため、まだ人気を取り
戻すところまでいっていないように思える。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.