大相撲

照ノ富士キラー大栄翔と玉鷲

五月場所の照ノ富士は優勝したもののなん
とか結果的にという言葉がつきまとう優勝
だった。一時は隆の勝にリードされていた。
だが、隆の勝が自分の相撲を取れず、くず
れたことによって巡ってきた優勝だった。
昨年のように抜群の強さを発揮できなかった。

<照ノ富士>

その照ノ富士に勝って殊勲賞を獲得したのが、
大栄翔である。大栄翔は照ノ富士が横綱に
なってから3勝2敗である。その2敗もあわ
やというところまで照ノ富士を追い込んで
いる。勝った相撲は印象に残り勝ちなので、
大栄翔の横綱照ノ富士戦あわや2番を振り
返ってみよう。

2021年十一月場所2日目、相撲はこう展開
した。大栄翔が押して出るが、照ノ富士が
あてがい前に出る。両者激しい攻防のなか、
照ノ富士は前に出ているだけに、大栄翔の
押しは封じられたかと思った。だが、大栄翔
は照ノ富士の左脇を押し上げて、重心をくず
した。そのまま黒房下土俵へ攻め込むと、
照ノ富士は上体が起き、つま先だって絶体
絶命の大ピンチに陥った。横綱が負けたかと
思った瞬間、右がはいった照ノ富士が豪快な
すくい投げ。大栄翔が派手に飛んで土俵に
落ちた。

<2021年11月勝っても大苦戦の大栄翔戦>

2022年一月場所初日、大栄翔、もろ手突きで
思い切ってあたる。さらに押しあげて照ノ
富士の上体を起こしにかかった。照ノ冨士、
土俵際から押し戻す、攻防のなかから大栄翔
いなしも照ノ富士ついていく。激しい攻め
合いから大栄翔、はず押し。照ノ富士正面
まわり込むもピンチに。しかし、次の瞬間
大栄翔がばったり前に落ちた。

<2022年1月 再びピンチの大栄翔戦>

負けた2敗は大善戦。もう一歩だった。大栄
翔は照ノ富士キラーになった。もう一人の
照ノ富士キラーが玉鷲である。目下3連勝中
である。相撲はいずれも玉鷲が繰り出す強烈
な突っ張りで照ノ富士を後退させて勝利して
いる。照ノ富士は玉鷲戦では同じ攻めパター
ンに何もできなく敗退している。

<2022年5月 玉鷲に一方的に敗れる>

前兆はあった。2021年九月場所8日目の玉鷲戦
である。玉鷲が照ノ富士を東土俵に追い込ん
だ。館内から思わず悲鳴が聞こえたほどの
ピンチだった。あと一歩及ばず逆襲にあい
勝てなかった。照ノ富士本人はそれほど危な
いという意識はなかったかもしれない。落ち
着いてはいた。

横綱は、苦手があってはいけない。あるなら
克服しなければならない。幸い出稽古が復活
した。照ノ富士は大栄翔と玉鷲を指名して
三番稽古を何回もしなければいけない。それ
も場所直前ではなく、いまのうちにである。
七月場所でその成果をぜひ見せていただき
たい。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.