大相撲

A級横綱誕生の周期

横綱ほど不思議な地位はない。まず、落ちる
ことはない。不成績なら引退である。だから
初代若乃花が横綱に推挙されたとき「困った、
困った」と頭を抱えていた。多くの兄弟を
かかえていたからまだ辞めるわけにいかなか
った。もうひとつ不思議というか奇妙なこと
がある。同じ横綱といってもピンからきり
まである。あまりにも差がありすぎるので
ある。

<若乃花>

将棋の名人は単なる名人と永世名人を名の
れる資格と区別している。名人に5期以上
在位すると永世名人の資格が与えられ、現役
のままあるいは引退後に名のれるわけである。
実力制名人は昭和10年に発足し、4人が永世
名人になっている。2人が引退後永世名人を
名のれる。

横綱は品格・力量抜群という基準があるが、
これを満たす横綱は意外と少ない。品格は
なかなかはりがたい。白鵬はふるまいを批判
された。だが、白鵬以上の横綱がいる。海外
巡業で拳銃を持ち帰って墨田川に捨てた横綱
がいた。また、暴力団との交際やお見舞いに
いった横綱がいた。

<東京中日スポーツの記事>

弟子をぶんなぐった元横綱も複数いる。引退
後だが、新興宗教に利用された元横綱さえ
いる。年寄名跡の取引では脱税があった。
八百長の噂が絶えない横綱がいた。「たた
いて埃が出ない人間なんているのかね」と
いったのは首相経験者であった。

ここではA級横綱をまず、横綱勝率8割以上
とする。実質横綱が地位化した常陸山以降の
東京横綱では14人いる。
常陸山
太刀山
大錦
栃木山
常ノ花
玉錦
双葉山
大鵬
玉の海
北の湖
千代の富士
貴乃花
朝青龍
白鵬

次に横綱優勝率30%以上の横綱である。30%
で1年に1.8回優勝していることになる。
該当するのは上記以外で初代若乃花である。
ほかに時代を築いた横綱ということで栃錦を
加えた。A級横綱は16人となった。常陸山
から稀勢の里までの東京横綱は50人いる。
まさに選ばれし者である。

それではA級横綱はどれくらの周期で誕生
しているのだろうか。ここでは横綱のデビュ
ー場所の間隔とさせていただいた。それが
以下である。

最大間隔は双葉山から栃錦までで17年かかっ
ている。双葉山が初の横綱になった1938年
1月、栃錦は入門前だった。入門は1年後
であった。次が千代の富士から貴乃花の13年
4カ月である。千代の富士が横綱で初登場
した場所、貴乃花は入門前だった。貴乃花の
前相撲は1988年三月場所であった。両力士は
1度だけ対戦している。まだ貴花田だが、
勝って歴史的一番となった。

<貴乃花>

逆にA級横綱誕生の最小間隔は大錦から栃木
山までの1年である。大錦が横綱で初の本場
所に登場したとき、栃木山はすでに大関だっ
た。ともに出羽ノ海(当時はノの字があった)
部屋であったため、対戦はなかった。次が
栃錦から初代若乃花までの3年2カ月である。
栃錦の前相撲が1939年1月、若乃花の前相撲
が1946年11月である。これだけの開きがあり
ながら後年栃若時代を築いたことに驚愕する。

<栃錦のブロマイド>

A級横綱の誕生平均周期は約6年10カ月で
ある。次のA級横綱はいつどういう形で生ま
れるのか。時間の歯車は何事もなくまわって
いる。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.