大相撲

安美錦引退大相撲レポート

安美錦の引退大相撲、実は2年前に実施され
るはずだった。それがコロナ禍でのびのびに
なっていた。その間チケットのキャンセルも
あった。また、今回の開催にあたり、チケッ
トを発行し直すというといことがあった。
この間の関係者の苦労大変なものであった。

そんな安美錦の後を押したくなったのか。
多くの観客が集まった。ざっと見た感じ75%
の入りであった。今年の一月場所後から行わ
れるようになった引退大相撲。そのなかで
一番入った。入場するときに行列ができて
いたほどだった。会場は10時半だがその前に
入場させていた。開始は11時半だが無駄に
時間を空けずに早めに終了するほうがありが
たい。

<関係者を迎える安美錦>

安美錦が国技館入り口前で後援者を出迎えて
いた。エントランスに一門の関取はいなかっ
た。贈られた花が飾られていた。出し物で目
を引いたのが、息子さんとの土俵入り。それ
から兄である元安壮富士が加わっての相撲
甚句であった。初めて聞いたが、大変上手で
あった。

<安美錦最後の土俵入り>

メインの断髪式は350人がはさみをいれた。
前日の豊ノ島に引き続き、武井壮氏、やく
みつる氏がはさみを入れた。前日同様、正面
-東-向こう正面-西と方向を変えていった。
女性のはさみはなかった。

協会関係者のはさみが入った。照ノ富士を
含めた部屋の5人の関取も加わった。元白鵬
の間垣、元千代大海の九重の姿もあった。
協会関係者のあとに兄である元安壮富士、
父とはさみをいれた。お父さんは元気そう
だった。

<はさみを入れる元白鵬の間垣>

スポットライトがあたり、安美錦の相撲人生
が語られていく。最後に師匠元旭富士の伊勢
ヶ濱の止めバサミとなった。安美錦と伊勢ヶ
濱が四方に一礼した。そして伊勢ヶ濱が挨拶
に立った。その後家族が正面土俵下に集まり、
娘さん2人が手紙を読んだ。その後家族から
花束が贈呈された。正面からは異例だった。

<挨拶する伊勢ヶ濱と安美錦>

この後伊勢ヶ濱部屋ならではの綱締め実演、
さらに幕内土俵入り-横綱の土俵入り後、
横綱五人掛りがおこなわれた。横綱に挑む
5人は部屋の関取で熱海富士、錦富士、翠
富士、照強、宝富士であった。むろん、照ノ
富士が圧倒した。久々に見た。

<整髪姿で挨拶する安美錦>

最後に整髪後の安美錦が御礼の挨拶に立った。
この行事は定例化してきた。幕内の取組中に
帰れなくなる効果を生んでいる。2年間延長
と中止を繰り返してきた安美錦引退大相撲、
本当にお疲れ様でした。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.