大相撲

■22夏5日目 序盤戦のお寒い現実

初日こそ1敗したものの照ノ富士は調子を
あげてきた。北勝富士相手ではまさかの線は
考えられなかった。何の心配もよぎらなかっ
た。相撲は圧力で圧倒した。不安をいだくと
したらやはり突き押し相撲である。玉鷲・
阿炎戦になる。玉鷲には連敗中である。

<照ノ富士、北勝富士を圧倒>

大関は気になる貴景勝が押し相撲を取りきっ
て、阿武咲を土俵下にふっとばした。これを
もって貴景勝の押し相撲は復活した、とは
まだ言いがたい。もう少し見てから判断した
い。御嶽海・正代は負け癖が抜けない。御嶽
海は大関2場所目で9勝以下になったら、
横綱どころかクンロク大関に成り下がった
ことを意味する。

<押し相撲で阿武咲をふっとばした貴景勝>

初代若乃花は甘い成績で大関になったことを
よしとしなかった。大関になった責任感から
猛稽古で成績をあげていった。9勝以下は
1度もなかった。ここがほかの力士と違った。
愛児を亡くした直後の場所は鬼神のごとき
相撲であった。

今の大関をみていると大関は特別な地位で
ある必要があるのだろうかと思えてしまう。
勝ち越せばあがれる関脇の延長の地位であっ
てもおかしくないように思える。大関で負け
越せば地位は関脇同様降格する。三月場所は、
一月場所で負け越した正代が番付ナンバー2
という矛盾を生んでいる。

<番付ナンバー3正代、遠藤に敗れて4敗目>

それにしても横綱・大関が序盤戦で全勝なし。
1敗が照ノ富士ただ一人である。先場所は
関脇以下の優勝争いだった。照ノ富士の奮起
に期待するしかないが、あまりにもお寒い
現実である。

なお、昨年十一月場所、今年の一月場所で
対戦が実現しなかった照ノ富士対正代。三月
場所実現しなかった御嶽海対正代、正代対
阿炎、貴景勝対阿炎。これが今場所実現する
のかどうか。これが中盤以降注視しなければ
ならないポイントである。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.