大相撲

■22春10日目 思いもよらぬ展開となった優勝争い

雨プラス底冷えの大阪。蔵前国技館に冷暖房
設備がなかった時代、時の時津風(元双葉山)
理事長は「熱戦で温まってくれ」と語った。
10日目は熱戦で温まったのだろうか。

1敗で優勝圏内の大関御嶽海が北勝富士に
あっけなく負けた。北勝富士の真っ向からの
寄りに抵抗することなく、踏みとどまるわけ
でもなくそのまま土俵をわった。責任ある
協会の看板力士のであるはずだが、それは
微塵もなかった。優勝争いをひっぱる立場に
ありながら、あっさり負けは印象が悪すぎる。

<御嶽海、あっさり負け>

高安、琴ノ若が優勝するためには御嶽海戦は
避けられない。むろん若隆景も同様である。
そのときは大関の実力をいかんなく発揮して
彼らの壁になっていただきたい。

全勝高安の上位戦第1戦は小結豊昇龍と対戦
した。これが互いにゆずらぬ激しい攻防戦と
なった。とにかく動きが目まぐるしい。止ま
った時は高安が上手のいい位置を取った。
まわし不十分の豊昇龍を寄り切って全勝を
守った。

<熱戦を制して全勝の高安>

1敗若隆景は必死の相撲が続く。そもそも
若隆景が優勝争いにからんでくること事態が
予想できなかった。予想を超える大健闘で
ある。若隆景の気迫・闘志はこの日の対戦
相手阿炎を圧倒した。

<予想外の健闘で阿炎に勝利した若隆景>

さらに1敗琴ノ若は押しの大栄翔をはたき
込んで1敗を守った。

三月場所は全勝高安、1敗若隆景・琴ノ若、
2敗御嶽海と思いもよらぬ展開になってきた。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.