大相撲

2022年三月場所御嶽海15番勝負 上

御嶽海が新大関で迎える大阪場所。先場所
優勝しているだけに周囲の力士の御嶽海を
みる目が違ってくる。御嶽海の対戦相手は
上位に休場がなければ前頭4枚目の遠藤まで
である。御嶽海の15番勝負はどのように展開
するのか想定してみた。成績は御嶽海から
みている。(  )はここ1年の対戦成績で
ある。

15(〇〇〇●…〇〇)10大関正代
このところ正代が精彩を欠き、取組的にもう
ひとつ盛り上がらない。昨年の九月場所は
関脇と大関でありながら取組さえなかった。
それだけに相撲は、御嶽海が馬力勝ちしそう
である。

<正代戦>

12(●〇…〇……)10大関貴景勝
対戦成績は優勝決定戦を含んでいる。数字は
拮抗している。ここ1年で3回対戦がないが、
2回は貴景勝の途中休場によるものである。
昨年の九月場所は関脇と大関でありながら
対戦は組まれなかった。三月場所では大関
同士の対戦になるが、カド番景勝がどこまで
調子を戻しているかにかかっている。終盤
勢いのあるほうが勝ちそうである。

<貴景勝>

6(〇〇●〇●〇)2関脇若隆景
力、技を制す。御嶽海が有利だが、若隆景は
地力をつけてきているだけに油断はできない。
立ち合い御嶽海のパワーを封じれば相撲は
面白くなる。そのとき若隆景の調子次第で
ある。大関対関脇の対戦だけに終盤に組ま
れる。

<若隆景戦>

5(●〇〇〇〇…)5小結隆の勝
先場所は14日目に組めたのに、結果的に関脇
同士の対戦はなぜかなかった。御嶽海が4連
敗後4連勝している。ともに馬力負けはしな
いだけにどちらがいなし、突き落としでゆさ
ぶりをかけられるかにかかっている。

<隆の勝戦>

2(……………〇)0宇良
宇良はくいつかないことには相撲にならない。
御嶽海はそれを承知しているだけに離れた
短期勝負にくる。宇良はフェイント気味の
立ち合いで、もぐる方法も考えられる。

<宇良戦>

6(〇●●〇〇〇)2明生
一月場所はもつれて取り直しとなったが、
その一番はあっさり土俵を割っている。
明生必死の土俵もどうしてもパワー負けする。
明生は左右への動きとまわり込んで御嶽海の
出足を止めたいところである。逆に御嶽海は
明生を常に正面において攻めたい。御嶽海が
有利の展開になりそうである。

<明生戦>

12(……□…●〇)7遠藤
遠藤はベテランの域にはいってきただけに
番狂わせは厳しいかもしれない。御嶽海の
手をたぐるとか。土俵の円をうまく利用する
とかして勝機を見出したいところである。
御嶽海は慌てず、じっくり攻めることである。

<遠藤戦>

理髪店にいきます。             。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.