大相撲

力士育成手腕が反映されない理事選

一月場所後、理事に立候補する親方が10人
ちょうどとなり、無投票で決まる流れとなっ
た。それだけにそれほど話題にはならなかっ
た。10人の立候補者は下記である。

出羽海(元前頭小城乃花)
春日野(元関脇栃乃和歌)
境川(元小結両国)
芝田山(元横綱大乃国)
花籠(元関脇太寿山)
佐渡ヶ嶽(元関脇琴ノ若)
陸奥(元大関霧島)
伊勢ノ海(元前頭北勝鬨)
八角(元横綱北勝海)
伊勢ヶ浜(元横綱旭富士)

新たに立候補した親方は佐渡ヶ嶽、伊勢ノ海
であり、復帰が陸奥である。理事候補は三月
場所後の評議員会の承認を経て選任される。
花籠以外は部屋持ちである。

<元琴ノ若の佐渡ヶ嶽>

現代では一門の定義は理事、副理事を生み
出す仕組みといっていい。だからといって
一門は考え方が同じというわけではない。
その一門も本家分家だけの関係ではなくなっ
て複雑になっている。一門の相撲部屋と部屋
の系統は以下である。

時津風一門は理事を2人出した。副理事が
高砂の元朝乃若の若松になったことは、16票
時津風一門と11票高砂一門が手を組んだと
推察できる。

元北勝海の八角が理事になったのは平成24年
一月場所後である。理事長になったのは平成
26年三月場所後である。今度再選されれば
理事長を令和6年まで10年務めることになる。

<元北勝海の八角>

すっかり様変わりしてしまったのは、力士
育成の手腕評価が薄れてきてしまった点で
ある。元前頭3枚目の大ノ海の花籠は横綱
若乃花をはじめ7若、横綱輪島、大関魁傑、
関脇荒勢ら多くの幕内力士を育てた。だから
理事になっても不思議はなかった。

弟子が二人しかいなかった元多賀竜が理事で
あったことはまさに逆行するものであった。
それが錣山(元寺尾)、湊(元湊富士)を
時津風一門から去らせる原因になった。大
横綱白鵬を育てた宮城野(元前頭13枚目竹葉
山)は不遇のまま今年8月定年を迎える。

<白鵬と宮城野(元竹葉山)>

大阪のホテルが決まりました。             。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.