大相撲

関脇優勝直後大関になれなかった力士

御嶽海は3回目の関脇優勝だった。過去2回
は関脇優勝しても大関に直結しなかったわけ
である。

1回目  7勝-9勝-13勝優勝-9勝
2回目 9勝-9勝-12勝優勝-6勝

優勝直後の場所の成績も2ケタではない。
これでは大関は無理だった。だが、3回目の
優勝でようやく大関を手中にした。2度ある
ことは3度ある、ではなく3度目の正直と
なった。照ノ富士は関脇優勝が2回あるが、
2回とも大関に昇進している。

<御嶽海3回目の関脇優勝>

大正15年の優勝制度以降、関脇優勝は31例
あるが、関脇優勝直後大関になれなかった
力士は御嶽海の2例を含め8例ある。
玉錦 10勝1敗優勝-9勝2敗(計19勝3敗)
昭和4年当時は東京場所と地方場所の合計で
番付が編成されていた。この時大関昇進は
なかった。さらにこのあとの場所は以下だっ
た。
9勝2敗-7勝4敗(計16勝6敗)
9勝2敗-8勝3敗(計17勝5敗)
玉錦は大関にようやく昇進できた。

<玉錦のブロマイド>

清水川の場合も東京場所と地方場所の合計で
番付が編成された。東京場所で優勝しても
大関に昇進できないのは制度によるもので
あった。清水川の関脇優勝は春秋園事件で
力士が大量離脱した場所であった。このとき
は東西制ではなく、系統別総あたりとなった。
昭和7年春場所で清水川が関脇優勝した。
8勝優勝-8勝2敗(計16勝2敗)
地方場所でも好成績で、大関に昇進した。

<清水川のブロマイド>

次は昭和31年春場所の朝汐である。朝汐ほど
期待が大きく、大成しなかった力士はいない。
初優勝を大関昇進に生かせなかった。
9勝-9勝-12勝優勝-8勝
1年後の2回目の関脇優勝では次の成績だっ
た。
8勝-8勝-13勝優勝
現代ならありえない成績で大関に昇進して
いる。

<朝汐のブロマイド>

時代は進んで次は昭和47年三月場所の長谷川
である。一人横綱北の冨士が乱調、琴櫻・
清國・前の山・大麒麟の4大関は頼りになら
ない存在だった。誰が優勝するかわからない
場所が続いていた。そんななかで長谷川が
優勝した。
8勝-10勝-12勝優勝-8勝
結局大関に昇進できなかった。
「3場所30勝というが、輪島だって30勝(11
勝-10勝-9勝)なんだよ」と春日野(元
栃錦)は語っている。

<長谷川のブロマイド>

長谷川優勝の翌場所、輪島が関脇優勝した。
これも誰が優勝するかわからないなかでの
優勝だった。
10勝-9勝-12勝優勝-8勝
で大関昇進はならなかった。こうした波乱
場所が4場所続くと、「玉の海が生きていた
らこんな場所にはならなかっただろうに」と
いう声があがった。

関脇玉鷲が初優勝したのは平成31年一月場所
であった。当時玉鷲は34歳であり、大関を
期待する雰囲気はなかった。本人は以前、
「一度優勝してみたい」と言っていたが、
それが実現したことになる。

関脇優勝は珍しいが、直後の大関昇進率は
74%と高い。

札幌は大雪で大変です。             。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.