大相撲

輪島横綱までの出世街道1

2年連続学生横綱を引き下げて相撲界入り
したのが輪島であった。ただ、胸が薄く、
相撲が小さいから大成を疑問視する見方は
あった。

<ザンバラ時代の輪島>

だが、昭和45年一月場所、三月場所、輪島は
幕下付出でデビューすると2場所連続幕下
優勝してしまった。14勝とこれ以上の成績が
ないなかで十両入りしてしまった。当時は
付出に細かい規定はなく、幕下最下位格だっ
た。そんな輪島が横綱までどんな出世街道を
歩んだのか。

十両入りしたが、最初の場所は10勝5敗で
あった。当時、輪島は巨漢が苦手であった。
事実連勝は義ノ花にストップされている。
また、十両2場所目には初めて負け越して
いる。輪島を追って長浜が十両入りした。
長浜が刺激となったのか、輪島は十両3場所
目13勝2敗で優勝している。

だが、十両6枚目でありながら入幕できなか
った。当時は幕内下位で大負けした力士が
一人で、あとは微妙に落ちない成績の傾向が
あった。それどころか東十両筆頭の旭國が
8勝7敗ながら西筆頭に、東十両2枚目増位
山が同じく8勝7敗で西十両2枚目に下げら
れているのだ。十両昇進候補5人に対し、
幕内から落ちるのが一人というアンバランス
が影響した傾向であり、結果であった。

<輪島の記事>

思いがけず、十両にとどまることになった
輪島が入幕できたのは昭和46年一月場所で
あった。新入幕は9勝6敗であった。学生
出身の先人豊山が12勝3敗で敢闘賞を受賞
したのに比べると、寂しいスタートであった。
しかも翌場所は5勝10敗で大負けしている。
入幕3場所目、幕尻に位置した輪島は11勝4敗
で敢闘賞を初受賞した。

<輪島>

ここから上向きとなった。入幕4場所目の七月
場所初の横綱・大関戦となった。横綱には歯が
たたなかったが、大関には2勝2敗の成績を
残した。6勝9敗だったが、何か手ごたえを
つかんだ場所になった。この時横綱玉の海と
対戦した。だが、これが最後の一番になって
しまった。翌場所後玉の海は帰らぬ人となって
しまった。

(この項目続く)

睡眠十分ですが、神経的な疲れはのこります。              。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.