大相撲

新大関御嶽海論

出羽海部屋を訪れるのは実に久しぶりである。
師匠が元佐田の山、現役に舞の海、小城ノ花、
小城錦がいた当時、稽古見学をして以来で
ある。その時のことは遠い昔のことになって
しまった。出羽海部屋の前には胡蝶蘭で彩ら
れていた。出羽海部屋OBの鷲羽山、大錦、
出羽の花が続々部屋入りしていく

そんななか、御嶽海の大関昇進が満場一致で
正式に決定した。協会の使者として一門の
春日野(元栃乃和歌)、大鳴戸(元出島)が
立った。使者を前に御嶽海は「謹んでお受け
いたします。大関の地位を汚さぬよう、感謝
の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、
相撲道にまい進してまいります」と口上を
述べた。

<御嶽海と師匠出羽海(元小城ノ花)>

御嶽海はとっくに大関に上がっていてもおか
しくなかった。いわば遅れてきた英雄だった。
関脇以下3回優勝は、照ノ富士と並んで最高
記録である。さらに関脇・小結17場所連続
在位記録及び10場所連続在位記録をもつ。
2ケタを2回記録したのは御嶽海だけである。
今後はこうした記録は脱却して、優勝を狙っ
ていただきたい。もう狙えるのは優勝しか
ないのだから。

<御嶽海大関昇進>

御嶽海はどんな大関になるのだろうか。今
大関が弱体化しているから、強い大関である
ことは間違いない。相撲はあたって前にどん
どん出ていく相撲である。これを変える必要
はない。これまで調子をおろす相撲がときた
まみられたが、一月場所のように回避する
ことである。御嶽海は本来強いんだと自信を
もって臨むことである。

<笑顔の御嶽海>

御嶽海の横綱の可能性はどうか。現在29歳で
ある。照ノ富士が横綱になったのも29歳で
ある。まして2大関は弱体化している。優勝
を狙う好機であることは間違いない。あとは
御嶽海の意欲とそれを裏付ける稽古である。
出羽海部屋にほかに関取はいない。だが、
幕下をかわるがわる相手にすればいい稽古に
なるはずだ。同時に弟弟子を鍛えることが
できる。

<喜びの御嶽海>

大関になると様々なイベント、ひいき筋の
誘いがマイナスに働いてきた。しかし、幸い
なことに今はコロナ禍でそうしたことは控え
る環境にある。大関はなってしまえばめった
なことでは落ちないシステムになっている。
御嶽海はこうした規定に甘えることなく、
いっそう強くなって大阪場所に登場していた
だきたい。

早起きしました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.