大相撲

■初 14日目優勝戦線激変!御嶽海が単独トップへ

13日目を追えた時点で2敗同士の照ノ富士対
御嶽海の相星決戦かというムードがあった。
だがそんな流れを一変させたのが阿炎である。
急遽不調正代に代わって照ノ富士と対戦する
ことになった。阿炎は先場所照ノ富士に善戦
したがあと一歩足りなかった。

<照ノ富士対阿炎1>

阿炎は前回とは少し戦法を変えてきた。突き
のなかにのど輪を多用した。あごをあげられ
て照ノ富士の防御力万全が崩された。阿炎は
さらに照ノ富士を横向きにし、西土俵押し
出した。阿炎完璧の一番であった。照ノ富士
のひざ云々ではなく、阿炎ののど輪に見られ
る工夫がすばらしかった。

<照ノ富士対阿炎2>
<照ノ富士対阿炎3>

2敗御嶽海は関脇隆の勝戦ではなく、宝富士
戦となった。しかし、宝富士に御嶽海を脅か
す要素はない。奇襲もない。あたって前に
出る御嶽海の勝ちパターンで退けた。御嶽海
にとっては取りやすい相手となって2敗を
守った。観客の立場でいえば、物足りない
取組となった。

<御嶽海、宝富士に快勝>

照ノ富士が3敗したことで、3敗阿炎はとも
かく、さらに3敗琴ノ若まで浮上させてしま
った。琴ノ若は横綱戦や御嶽海戦なしである。
これでは権威ある優勝にはならない。もっと
も琴ノ若が優勝するためには優勝決定戦で
少なくとも照ノ富士、御嶽海に勝たなければ
ならないことになる。

千秋楽結びの一番は3敗照ノ富士対2敗御嶽
海の対戦になる。このところ照ノ富士の7連
勝である。相撲は、挟みつけるような寄りの
パターンで照ノ富士が勝っている。御嶽海は
四つになっては照ノ富士に勝てない。離れて
突き押しで勝機を見出したいところである。
優勝は照ノ富士対御嶽海戦の勝負にかかって
きた。

たまりは通常の人数です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.