大相撲

■初 13日目御嶽海2敗対決を制する

序ノ口、序二段、幕下の各段の優勝が決まっ
た13日目。幕内の優勝争いは思いもかけぬ
三つ巴戦となった。その中で、2敗同士で
御嶽海対阿炎戦が組まれた。いわば星のつぶ
し合いである。前日の敗戦を引きずっていな
いか御嶽海。勢いにのり、調子をあげてきて
いる阿炎。この日の観客は御嶽海対阿炎戦を
生で見にきている。これを見逃すようでは
何しに国技館に来たのかということになり
かねない。

<御嶽海と阿炎の攻め合い>

激突の瞬間がきた。両力士あたって激しく
突き合い。御嶽海まさって出る。阿炎が引く
ところ一気に出て青房下土俵、押し出した。
御嶽海の勝因はパワーで上まわったことで
ある。そのため、阿炎の突きが生かせなかっ
た。

<御嶽海が阿炎を押し出す>

前日土俵下に飛び出した際、照ノ富士のひざ
が心配された。懸念材料だった。13日目の
対戦相手は圧力をかけてくる隆の勝である。
相撲は、照ノ富士が踏み込んで腕をたぐって
くずして寄り切った。ひざの影響はなく、
まったく隆の勝を寄せつけなかった。

<腕をたぐる照ノ富士>

2敗照ノ富士は14日目阿炎戦となった。優勝
争いからいうと、仮に阿炎が優勝するとした
ら横綱戦がないのではおかしなことになる。
優勝を争っている力士同士を対戦させる。
これはこれでいい。その反面照ノ富士対正代
戦は失われた。今場所も取組編成のまずさを
露呈した。

<隆の勝をくずして寄り切る照ノ富士>

御嶽海は14日目なんと宝富士とである。照ノ
富士と同じ伊勢ヶ濱(元旭富士)部屋という
ことで、援護射撃ということなのか。しかし、
御嶽海はまだ関脇隆の勝と対戦していない。
関脇同士の対戦がないなんておかし過ぎる。
取組編成は支離滅裂である。後味の悪い場所
になりそうである。

最初の一番から観戦しました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.