大相撲

■初 12日目優勝争いは急遽三つ巴に

終盤戦の12日目、優勝戦線に異常があった。
1敗でトップを走る御嶽海が阿武咲のあたっ
ての引き技に土俵にばったり倒れた。あっと
いう間の出来事だった。御嶽海の勝ちパター
ンは微塵もなかった。自分の相撲を失っての
敗北だった。御嶽海のもろさがこのあと影響
するのか、切りかえるのか、注目である。

<阿武咲に敗れ御嶽海2敗>

照ノ富士は単独トップになるチャンスだった。
だが明生につき起こされ、体勢不十分のまま
出ていった。西土俵で明生の肩透かしに土俵
を飛び出した。照ノ富士の敗因は勝ち急いだ
ことである。自滅的な負け方であった。

<照ノ富士勝ち急いで明生に不覚>

優勝戦線トップが相次いで敗れたことで浮上
したのが阿炎である。先場所負けた関脇隆の
勝相手に真っ向から突き立て、突き出して
しまった。2敗をキープした。しかも阿炎は
先場所優勝争いを経験している強みがある。

13日目、2敗同士で御嶽海と阿炎が激突する
ことになった。「13日目では遅すぎる。」
横綱・大関との対戦圏外好成績力士を、優勝
を争っている力士と対戦させるのは、もっと
早くすべきである。13日目ではあと2日しか
ない。上位同士の割りをくずさなければ照ノ
富士対阿炎戦は実現しないことになる。毎回
同じことを繰り返すのは愚か者のすることで
ある。

<阿炎、隆の勝に勝って2敗を守る>

12日目は優勝のレベルがよくて13勝になる
ことが判明した日になった。それでも照ノ
富士には新横綱からの3連覇がかかっている。
御嶽海は照ノ富士に勝っての優勝なら大関の
可能性がでてくる。阿炎が優勝すれば一月
場所のジンクス通りの初優勝となる。優勝
争いは急遽三つ巴となった。

疲れがたまっています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.