大相撲

■初 11日目御嶽海・照ノ富士共に1敗死守

前日思わぬ1敗をきっしただけに、11日目は
負けられない御嶽海。連敗したら優勝も大関
もなくなるくらい印象が悪くなる。といって
も対戦相手は勝てなくなった大関正代である。
4勝6敗と重症。それでも正代は気力をふり
絞って御嶽海と対戦した。この日はあっさり
負けの正代ではなかった。だが、御嶽海を
追い込むまではいかない。最後は今場所の
実力差がでて御嶽海が寄り切った。

<御嶽海、正代を寄り切る>

御嶽海は1敗を守ったが、正代は4勝7敗と
あとがなくなった。照ノ富士戦を残している
だけに負け越し濃厚となってきた。このとこ
ろ、1ケタ勝利を繰り返していて、大関の
面目は丸つぶれである。正代は出直し的再生
が求められる。そうでないと大関の座をあけ
わたしかねない。

前日照ノ富士対千代翔馬ではわくわく感が
ないと記した。しかし、相撲は、千代翔馬が
くいつき予想をこえる善戦ぶりであった。
だが、相撲はそこまでで最後は照ノ富士が
力でねじふせた。照ノ富士に対し四つでは
なかなか勝てない。

<照ノ富士、千代翔馬を圧倒>

御嶽海は12日目阿武咲戦。残り3日は隆の勝、
照ノ富士は確定的。あと一人は阿炎になると
面白い。阿炎は2敗で勝ち進んでいるし、
先場所貴景勝に勝ち、照ノ富士を追い込んだ
相撲は記憶に新しい。御嶽海対阿炎が実現
すれば場所は盛り上がる。

<2021年11月 阿炎、貴景勝に完勝>

照ノ富士は12日目明生戦。あとは隆の勝、
正代、御嶽海になりそうである。阿炎戦が
実現しそうもない流れである。あるいは正代
戦をはずして実現させる方法もある。今の
正代が四つ相撲で照ノ富士に勝つのは至難
である。それなら阿炎戦のほうがはるかに
興味深い。

平日の1階の観客は前半の平日より増えて
きている、観客が途中で帰らない取組を望み
たい。

今日は単独観戦でした。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.