大相撲

2021年大相撲10大ニュース4位・3位

■名古屋・九州で2年ぶり開催

コロナ禍の影響で2020年三月大阪場所は急遽
無観客になった。静まり返った館内に音や声
が響く。しかし、大相撲は音で楽しむ競技
ではない。熱気がないのは寂しかった。その
後五月場所は中止し、すべて東京場所開催と
なった。この間一人マスの人数制限を経て
2人マスに移行した。

<七月場所の風景>

2021年国技館はオリンピックのボクシング
会場となるため、五月場所後準備のために
明け渡さなければならなかった。七月場所
名古屋開催は必然となった。地方ファンに
とっては久々の喜ばしい出来事となった。
続いて十一月場所は九州開催となった。地方
は経費がかかる。それだけに、平日のガラ
空き状態は気になった。

A氏・M氏が4位に、KW氏が5位に、T氏
が10位にあげている。

■大関朝乃山が6場所出場停止

コロナ禍の外出禁止期間中、何度もキャバ
クラ通いしていた朝乃山。虚偽報告をして
いたこと、そのための口裏合わせがおこなわ
れたこと、大関という責任ある立場から1年
間の出場停止処分となった。コロナ関連では、
力士として最も過酷な処分となった。師匠の
高砂(元朝赤龍)は3カ月20%報酬減となっ
た。

<日刊スポーツの記事>

1年の出場停止は長い。そこから再起すると
また時間を要する。その間朝乃山は年齢を
重ねていくことになる。これは女性問題まで
おこした竜電の3場所出場停止と比較して、
この差に疑問が出てきている。また、朝乃山
待望論も見られるようになった。

幸い地方場所は一緒にいける。稽古相手には
困らない。協会処分は厳罰の結果となったが、
気持ちを切らさずに相撲に取り組めむしか
ない。土にまみれて必死で出直すしかない。
朝乃山が三段目、幕下で戦うのなら史上最強
の三段目・幕下力士になる。朝乃山の不屈の
闘志に期待したい。

KW氏が2位に、A氏が3位に、T氏が4位
にあげている。

自転車の前かご、ライトを交換しました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.