大相撲

2021年十一月場所私製番付

これは予想番付ではないことをあらかじめ
おことわりしておきたい。番付は基本関脇
以下を編成する。そこで番付編成は関脇以下
の成績をベースとした。ただし、横綱・大関
からの勝利はプラスした。横綱・大関と対戦
するとしないではそれほど違うのである。
今は横綱・大関は3人だが、かつて7人いた
ときは勝ち越すのが容易でなかった時期が
あった。もっとも大関は弱すぎて特別視する
ことはない、という意見が出ても不思議では
ないが、ここでは原則通りにした。

<白鵬>

白鵬が正式に引退届けを提出した。9月30日
の理事会で引退と年寄襲名が承認される見通
しである。番付編成会議の29日時点では引退
は承認されていない。といっても場所前の
引退ではないので、白鵬を幕内力士とカウ
ントし、番付には名前は残さない方法が取ら
れると思った。だが、白鵬の名前は番付に
残るという。 その結果私製 番付は以下と
なった。

<若隆景>

関脇・小結は3人が勝ち越し、昇進枠は1つ
である。候補者は複数おり、難しい選択と
なった。単純に地位と勝敗差を比較すると
9勝3敗の東前頭3枚目若隆景が9勝5敗の
西前頭2枚目霧馬山、10勝3敗の西前頭4枚
目大栄翔を超えた。大栄翔とは半枚差であった。
それでも実は逸ノ城よりは上だったことを
記しておく。

<大栄翔>

翔猿・碧山は7勝8敗だが、現状維持になっ
た。石浦は部屋に感染者が出たための全休の
ため、番付はそのままになった。再入幕が
4人。十両優勝の阿炎が戻ってくる。その
反面新入幕はいなく、新鮮味が乏しい。今年
(2021年)の新入幕は翠富士、一山本だけで
ある。その両力士は十一月場所十両である。
もっとも4年十両在位の水戸龍が入幕しても
新しさは感じにくいがもしれない。

<阿炎>

十一月場所は久々に福岡で開催される。休場
なき場所であってほしいと願わずにはいられ
ない。

台風が接近しています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.