大相撲

2021年九月場所番付の視点

九月場所の番付が発表された。照ノ富士が
横綱に昇進したことで、残った大関の弱体化
が際立ってきた。正代は先場所千秋楽でよう
やく勝ち越すほどである。貴景勝は九月場所
カド番である。九月場所、両大関の優勝争い
は考えにくい。関脇は予想外の3人になった。
朝乃山が大関を降格して関脇に留まっても、
出場停止が決まっているのだから、意味は
ないことになる。そういう意味で実質的関脇
は御嶽海と明生になる。

<新関脇明生>

小結は高安と逸ノ城となった。関脇で7勝の
高安、2枚目で10勝の逸ノ城、どっちが上か。
成績本位なら逸ノ城だが。前頭上位は空白
地帯とならなかった。その要因は幕内中位
以下で大勝ちの力士が複数でたことが大きい。
特に琴ノ若は上位初挑戦の若手である。上位
に休場がでなければ横綱・大関と対戦する
地位は前頭4枚目の大栄翔までである。

<琴ノ若>

7勝8敗の阿武咲、碧山、英乃海、栃ノ心、
輝は半枚落ちとなった。東前頭筆頭1勝4敗
10休の遠藤は10枚下がって東前頭11枚目に、
東前頭4枚目2勝13敗の琴恵光は7枚半下が
って西前頭11枚目に位置した。再入幕は豊山
で、先場所十両優勝の水戸龍の新入幕はなか
った。東前頭16枚目7勝8敗の千代の国を
幕内に残した。

十両は阿炎が東十両5枚目まで番付を戻して
きた。期待の星北青鵬が西十両12枚目に位置
した。勝てなくなってきた炎鵬は東十両11枚
目まで番付を下げてきた。 西十両9枚目が
空白になっている。本来ならここに貴源治が
入るはずだったが、大麻使用によりか解雇に
なった。場所前の引退なら番付に名前が残る
ことはある。しかし、解雇のため、空白と
いう珍しいケースとなった。

<解雇になった貴源治>

幕下上位に寺沢、平戸海、琴裕将が上がって
きた。十両を狙える。西幕下筆頭の千代嵐は
十両に復帰すれば2013年七月場所以来となる。
ウクライナ出身の獅司が8枚目まで番付を
上げてきた。序ノ口から8場所目でここまで
7場所すべて勝ち越しできている。出場停止
中の竜電は幕下7枚目に位置した。竜電の
出場停止は九月場所も続くことになる。

非常事態宣言のなか、なおかつ感染者数が
減少する見込みがないなか、九月場所番付の
発表となった。

高校野球の兄弟校同士の決勝は見る気がしませんでした。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.