大相撲

年間最多勝の変遷6

昭和40年から部屋別総あたりが始まった。
大関が長かった佐田の山が横綱に昇進した。
その勢いのまま年間最多勝力士となった。
佐田の山にとっては唯一の年間最多勝となっ
た。その翌年昭和41年、柏戸が初の年間最多
勝力士となった。年間最多勝は休場があると
どうしても不利なる。大鵬はそうした原理で
遠ざかっていった。

それでも昭和42年は柏戸と年間最多勝をわけ
あった。大鵬6度目の年間最多勝であったが、
これが最後となった。大鵬に代って浮上して
きたのが玉乃島であった。玉乃島は横綱への
チャンスをつかむものの、決定打にかけて
いた。昭和44年、北の富士が初の年間最多勝
力士となった。しかし、成績は63勝でまだ
絶対的強者とはいえなかった。

<柏戸>

昭和45年、横綱は大鵬一人のなか、北の富士、
玉乃島が横綱昇進を決めた。この年北の富士、
玉乃島改め玉の海が充実の1年となり、75勝
25敗で年間最多勝を分け合った。それは翌年
の昭和46年も続くと思われた。特に玉の海の
充実はすばらしく、腰で取る相撲は双葉山を
彷彿させた。

<北の富士>

その玉の海が急死した。現役横綱の死、それ
はあまりにも衝撃的過ぎる出来事だった。
昭和46年10月11日のことであった。玉の海は
虫垂炎を患っていた。玉の海は持ち前の責任
感から切らずに注射で散らしていた。それが
夏の巡業、九月の本場所と長期に渡っていた。
場所が終わっても一門の大先輩大鵬の引退
相撲が、10月2日に控えていた。

結局玉の海が入院したのは10月4日であり、
手術は6日になった。虫垂炎の手術だから
大事にはいたらないと誰しもが思っていた。
だが、それから5日後の10月11日、様態は
急変した。右肺動脈幹に発生した血栓症が
原因となって横綱玉の海は帰らぬ人となった。

<玉の海>

27歳の青年横綱玉の海の急死。それはあまり
にも突然で、これ以上ない悲しみの出来事
だった。日本中の大相撲ファンが玉の海の死
を惜しんだ。まだ取り盛り、双葉山の域に
どこまで近づけるか。そんな楽しみ、可能性
さえ失ってしまった。玉の海の死は相撲界に
とって、あまりにも大きな損失だった。

横浜市長選は興味深い結果となりました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.