大相撲

芝田山(元大乃国)親方の過去

白鵬が柔道会場日本武道館を訪れた件に関し
てどうでもいい派と芝田山(元大乃国)広報
部長が「問題だよ」「横綱失格だよ」という
言葉を受けてのこだわり派がいるようである。
白鵬はぶらりと寄ったわけではない。モン
ゴル五輪委員会のアンバサダーを務めており、
関係者として入場している。だとすると芝田
山(元大乃国)広報部長の発言は不用意で
ある。

<白鵬>

かつて貴乃花親方は暴行された貴ノ岩の事件
に対してかたくなな姿勢にでた。謝罪に来た
伊勢ヶ濱(元旭富士)・日馬富士を無視して
車を発車させたり、協会の事情聴取を拒み
続けたりした。しかし、こうした態度はブー
メランのように自分にはね返ってきた。自分
の弟子貴公俊が付け人に暴行、それも支度
部屋というほかの人がいる目の前でおこした
のだ。貴公俊はのちに貴ノ富士と改名したが、
2度目の暴行事件をおこし、相撲界を去って
いる。

芝田山(元大乃国)親方はかつて弟子の大勇
武に訴えられた過去がある。大勇武は芝田山
部屋の関取第一号であった。だが、親方に
勝手に引退届けを出された損害賠償と殴られ
たことの障害罪が芝田山(元大乃国) 親方に
問われたのである。暴行のほうはスリッパで
はたいて10日間のケガをおわせたという。要す
るに権力の横暴と暴力的体質を大勇武は問題視
したのである。芝田山(元大乃国)親方は
「生活態度・素行に問題があった」と釈明
している。 2010年9月のことである。

<芝田山>

2011年1月芝田山(元大乃国)親方は不起訴
処分となった。また、芝田山(元大乃国)
親方と日本相撲協会に約7000万円の損害賠償
訴訟は2012年12月和解した。ただし、和解
内容は表に出ていない。当時は暴行に対して
明確な規定はなかった時代である。しかし、
人間の根幹、本質はさま変わりするものでは
ない。言い分はあるにせよ、暴行に及んだ
事実は消えない。

<大勇武>

また横綱失格は大乃国のほうである。大乃国
は横綱勝率6割6分2厘、1場所9.9勝であ
る。横綱優勝率はわずか4%である。横綱
25場所務めて1回である。横綱出場率は
68%である。1年間90日のうち約58日しか
出場していない計算になる。一言でいえば
大乃国は横綱の実力はなかったのに横綱に
なってしまった力士である。白鵬に対して
横審もそうだが、上から目線でいえるほどの
器ではないし、上から目線の方は人から尊敬
されることはない。

薬局へいってきました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.