大相撲

コロナ冬場所が続く大相撲

8月1日から九月場所の先行予約が始まる。
一般発売は予定と異なり、8月14日からで
ある。ここへきて東京は非常事態宣言中にも
関わらず、ついに3000人超えの感染者数が
発表された。むろん過去最多であり、とてつ
もなく大きな数値である。非常事態宣言に
関しては神奈川、埼玉、千葉も近く出される
とのことだが、何が効果的で何がそうでない
のか検証もなく、やみくもにやっても結果は
でないのでは。ワクチンはなかなか進んで
いない。

<新横綱照ノ富士>

そうした事情で大相撲の通常開催はまだまだ
遠そうである。名古屋で久しぶりに地方場所
が開催されたが、平日はガラガラだった。
フルに入っても半分の3800人とはいかない。
イス席ではカメラマン席やブロックで使用でき
ない席があるからだ。七月場所は愛知県、
三重県、静岡県が中心となる。人口的には
首都圏の比ではない。

<平日の愛知県体育館内>

十一月場所は福岡で開催されそうである。
すでに団体の申し込みを受け付けている。
地方場所はどうしても経費がかかる。協会員
の往復の交通費、滞在費、生活用品の運搬費、
開催施設の使用料、マス席の骨組み設置と
解体などである。福岡県の人口は埼玉・千葉
より少ないうえにお茶屋はほとんどない。
苦しい興行になりそうである。

<福岡国際センター>

通常開催時は平日のチケットが1日でなく
なるほど加熱気味であった。それを一変させ
たのが、新型コロナウイルスであった。現在
マス席は2人使用である。いまさらマス席
4人には戻りがたい、というのはファン心理
である。通常ならお茶屋の管轄のマス席が
いまなら使用できる。熱心な相撲ファンに
とっては皮肉なことに今の方が観戦しやすい
のかもしれない。

ゲリラ雷雨が心配です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.