大相撲

■名古屋12日目 2強予想を超えた12連勝

大相撲はドラマだ。土俵は人生の縮図。横綱
目指す照ノ富士と休場明けでどこまで取れる
か不安視された白鵬。ともに前日まで11連
勝と無敗の快進撃。予想をはるかに超えた
両雄、12日目はどう戦ったのか。

照ノ富士は同期の明生と対戦した。明生は
これまでもろざしにいくも照ノ富士の小手
投げに屈していた。相撲は明生二本ざしで
いくも照ノ富士は出足よく明生まわり込んで
離れて突き合いとなった。明生後退しながら
二本はいったが、照ノ富士かまわず前に圧力
をかけながら極め出した。照ノ富士の完勝
だった。照ノ富士は一段と強く、たくましく
なった。満身創痍と否定的な見方があるが、
それを超越している。初日から12連勝は初め
てである。

<照ノ富士12連勝>

白鵬の関脇戦が始まった。対戦相手は昨年
(2020年)七月場所に敗れている御嶽海で
ある。今の御嶽海に怖さはない。相撲は右四つ
になった。互いに上手が取れない。御嶽海の
寄りを白鵬下手投げで防いで探り合い。白鵬が
上手を引くと寄って出て勝負がついた。白鵬
は初日から12連勝と脅威の復活劇となった。

<白鵬驚異の復活>

12日目最大の熱戦となったのは高安対霧馬山戦
であった。組み手争いの形のまま膠着状態に
なった。しんぼう比べになった。一度離れたが、
再度同じ形になる。ただ霧馬山が食い下がった
体勢だった。霧馬山が前に出て約3分の相撲に
終止符をうった。高安は7勝3敗2休で白鵬、
照ノ富士、正代に挑むことになる。

<熱戦を制した霧馬山>

白鵬、照ノ富士ともに高安戦を残している。
特に照ノ富士は苦手としているだけにカギ
になる。場所はあと3日、どんな展開と結果
が待っているのか。

【名古屋情報】
伝え聞いたハプニングが2つある。1つは
3日目、愛知県体育館入り口に蜂の巣ができ
かけていた。まだかなり小さく住人はいない
ようであった。長い棒で除去し、殺虫剤で
処理をしたとのこと。もう1つは6日目に
おきた。マス席通路の板が傾いたのである。
一人のお客さんがはまり、発覚した。専門の
方が複数で対応したとのことである。名古屋
は長いが、このようなことは初めてである。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.