大相撲

■名古屋11日目 横綱・大関をめぐる三番

幕下の優勝争いが熱い。幕下は石崎が6戦
全勝でコマを進めた。石崎は先場所三段目
付け出しでデビューして優勝している。日体
大相撲部出身。もう一人の6戦全勝が北青鵬
である。幕下2枚目だから十両昇進は濃厚。
優勝なら文句なしである。序ノ口から7場所
目である。13日目ホープ激突で幕下優勝が
決まる。見逃せない一番になる。

横綱・大関をめぐる三番にスポットをあてて
みよう。といっても今や全勝で優勝を争う
2強白鵬・照ノ富士と正代ではだいぶ立ち
位置が異なる。白鵬は若手の成長株若隆景と
対戦した。若隆景は、今場所はもう一つ。波
に乗れず、勢いが失われてしまった。相撲は、
白鵬に圧倒され、向こう正面つぶされるよう
に崩れ落ちた。若隆景はついに3勝8敗で
負け越した。白鵬は11戦全勝で関脇・大関戦
に突入する。

<白鵬、若隆景を圧倒>

照ノ富士は関脇御嶽海と対戦した。この対戦
相手には自信をもっている。御嶽海のパワー
はまるで通じないどころか常に照ノ富士の
出足、寄りに一方的に敗れている。今のまま
の御嶽海では第2の朝乃山になってしまう。
工夫や策さらに稽古がだいぶ必要である。

<照ノ富士、御嶽海を問題にせず>

正代はまたしても豊昇龍にやられた。対戦
相手が千代大龍だったらと思うかもしれ
ないが、イキのいい若手相手のほうが興味
深い。それにしても正代は様変わりしてしま
った。明日は正代戦だから白星、なんて星勘
定されかねない。正代はこれで6勝5敗。
照ノ富士、白鵬、高安戦を残すだけに勝ち
越しは微妙になってきた。

<正代5敗目>

横綱・大関の12日目は決定。今後の予想
対戦相手は以下である。
●白鵬 御嶽海-高安-正代-照ノ富士
●照ノ富士 明生-正代-高安-白鵬
●正代 隠岐の海-照ノ富士-白鵬-高安
白鵬と照ノ富士がどういう形で対戦するのか。
場所はあと4日となった。

【名古屋情報】
客席にカメラマン席が出現。これまで名古屋
では客席にカメラマン席が設置されたことは
なかった。今回正面、東西に設けられた。
それだけではない。正面のカメラマン席の
後ろ2列は使用できない席にされていた。
かつては自由席で争奪戦になった席である。
東西はカメラマン席から離れたうしろの席は
客席として使用している。今まではカメラ
マンはどうしていたのか、客席がなんとも
もったいない気がした。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.