大相撲

朝乃山試練の再出発

コロナ禍の外出禁止期間中、何度もキャバ
クラ通いしていた朝乃山の処分が11日の臨時
理事会で決定した。虚偽報告をしていたこと、
そのための口裏合わせがおこなわれたこと、
大関という責任ある立場から1年間の出場
停止処分となった。来年2022年の五月場所
まで土俵にあがれないことになった。コロナ
関連では、力士として最も過酷な処分となっ
た。再出発は1年後の七月場所、三段目から
になりそうである。

先代師匠で現在再雇用の錦島(元朝潮)が
飲酒を伴う会食を繰り返していたということ
で退職願いを提出していたが、受理された。
昨年12月には朝乃山を帯同しての会食があっ
たという。師匠の高砂(元朝赤龍)は3カ月
20%報酬減となった。

<日刊スポーツの記事>

1年の出場停止は長い。気持ちを切らさずに
相撲に取り組めるのか。七月場所の名古屋
開催は一緒にいけるというから稽古相手には
困らない。土にまみれて必死で出直さないと
時間はあっという間に過ぎてしまう。朝乃山
が三段目、幕下で戦うのなら史上最強の三段
目・幕下力士になる。

かつて栃ノ心がケガで休場して番付を下げた
とき、4場所連続優勝(幕下2場所、十両
2場所)で幕内に復帰したことがあった。
朝乃山なら連続優勝での幕内復帰を再現でき
そうである。

<サンケイスポーツの記事>

問題は大関に復帰できるかどうかである。
大関になるためには直前3場所33勝以上が
求められる。来年の3月には28歳になる。
時間はいつまでもあるわけではない。これ
まで幕内上位で3場所連続33勝以上あげた
ことは一度しかない。関脇2場所と新大関の
場所で33勝12敗をあげている。また朝乃山は
三役での優勝がまだない。最初の優勝は対戦
しない横綱・大関がいた。また、栃ノ心戦の
疑惑の判定があった。

<朝乃山>

朝乃山は辞表を出している。首の皮一枚で
つながったのだから、支援してくれる方々、
応援してくれるファンの期待に今度こそ応え
なければならない。

暑いと頭が働きにくくなります。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.