大相撲

優勝した場所の前と後の負け越し10

■魁傑
・優勝した前場所負け越し22・24例目

魁傑の優勝は2回あるが、ともに前場所負け
越している。最初の優勝は昭和49年十一月
場所、小結魁傑は横綱北の湖と優勝決定戦で
激突。突っ張りで圧倒して初優勝している。
翌場所11勝して大関に昇進している。7勝-
12勝優勝-11勝の大関昇進は今なら異議が
唱えられるかもしれない。大関大麒麟が引退
して大関は貴ノ花一人であったという事情が
あった。魁傑は5場所で大関の座を失って
いる。大関降格5場所後平幕上位で2回目の
優勝を達成した。前場所は5勝10敗だった。
この後11勝-11勝をあげ再び大関昇進を果た
した。

<魁傑>

■金剛
・優勝した翌場所負け越し34例目

昭和50年七月場所、上位の休場、総崩れで
前頭筆頭の金剛が抜け出して初優勝した。
当時元佐賀ノ花の二所ノ関が3月28日に57歳
の若さで亡くなられた。後継をめぐって元
大麒麟の押尾川と未亡人の話し合いはいっ
こうにつかなかった。そこで金剛が優勝した
ことでガラリと展開が変わった。なお、金剛
は翌場所6勝9敗で負け越している。

未亡人は次女と金剛を婚約させて金剛に部屋
を託すことにした。その結果押尾川が青葉城、
天竜ら16力士を連れて谷中の寺に立てこもる
押尾川の乱を引き起こすことになった。結局
青葉城ら6人が押尾川部屋に移籍することで
決着した。次女は金剛と一緒にならず、金剛
は未亡人の養子となった。天竜はプロレスに
転向し、金剛と袂を分かっている。金剛は
部屋を継いだものの、自分の代で名門二所ノ
関部を屋閉鎖する立場になった。

<金剛>

■貴ノ花
・優勝した前場所負け越し23例目

貴ノ花は大関に昇進したものの、苦悩して
いた。大関になったとたん1ケタ勝利しか
あげられなくなっていた。その間輪島は横綱
に昇進していた。人気は貴ノ花のほうがあっ
たが、優勝は遠かった。そこへ怪童北の湖が
登場して貴ノ花の存在感は薄れていった。
そんななか、貴ノ花は大関15場所目でよう
やくチャンスをつかんだ。昭和50年三月場所、
初優勝したときは日本中がわいた。同年七月
場所の0勝4敗11休のあとの九月場所、横綱
北の湖を優勝決定戦で倒し、2回目の優勝を
達成した。そしてこれが最後の優勝となった。

<貴ノ花>

■三重ノ海
・優勝した翌場所負け越し35例目

三重ノ海の横綱は予想しにくかった。ある
時期からいつもの三重ノ海でない様相を見せ
始めてはいた。三重ノ海が横綱に昇進した
とき、すでに輪島、北の湖、若乃花が横綱で
あった。三重ノ海は彼らのなかで果たして
横綱としてやっていけるのか。三重ノ海が
横綱になったときすでに31歳だったことも
不安要因だった。だが、三重ノ海は最後の
土俵人生を飾った。横綱2場所目3場所目で
連続優勝した。それも全勝優勝まで達成して
いる。力尽きたのか、翌場所は途中休場して
いる。最後の優勝から5場所後に引退して
いる。

<三重ノ海>

■北の湖
・優勝した前場所負け越し26例目

北の湖は24回優勝しているが、負け越しに
絡んだ優勝は23回目の優勝のときだけである。
北の湖は横綱連続フル出場43場所の記録の
持ち主である。白鵬に抜かれるまで最高記録
であった。横綱44場所目で途中休場したわけ
である。その翌場所が23回目の優勝だった。
しかし、23回目の優勝以降、北の湖の力は
衰えていった。この後24回目の優勝まで2年
1場所かかっている。この間途中休場4場所、
全休4場所、計8場所休場している。最後は
新国技館の土俵に上がるために延命した。
だが、新国技館で初日、2日目連敗すると
引退した。

<北の湖>

お中元を贈りました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.