大相撲

3場所経過した2021年年間最多勝レース

五月場所が終了したことで、今年(2021年)
の本場所は半分消化したことになる。年間
最多勝レースはどのように展開しているのか。
3場所までの途中経過をまとめてみた。それ
が次の表である。なお、対象は3場所幕内に
在位した力士とさせていただき、単なる数字
の比較ではなく、横綱大関の対戦率によって
クラスわけさせていただいた。

大関復帰を果たし、連続優勝した照ノ富士が
35勝10敗で断然トップである。30勝以上は
照ノ富士だけである。照ノ富士の充実度を
表している。ここ4年、間最多勝利力士は
以下である。

2017年 白鵬 56勝
2018年 栃ノ心59勝
1019年 朝乃山55勝
2020年 貴景勝51勝 ※5場所

<五月場所優勝した照ノ富士>

1場所平均11勝にも達しないほど低レベル
であった。群雄割拠ではなく、どんぐりの
背比べだ。こんなことが5年も続いていい
わけがない。それだけに照ノ富士には久々に
70勝レベルの年間最多勝を期待したい。年間
優勝も3回以上達成していただきたい。

<高安>

次点は高安の29勝16敗である。照ノ富士とは
現時点で6勝差がある。照ノ富士がフル出場
する限り、これを逆転するのは容易ではない。
朝乃山は照ノ富士に負け、照ノ富士は高安に
負ける。そして高安は自分に負ける。高安は
今のままでは大関に復帰はできない。

大関朝乃山の出場はないから年間最多勝レー
スから自動的に脱落となる。大関正代は27勝、
大関貴景勝は24勝である。正代は1場所平均
9勝、貴景勝は8勝である。後半3場所、
よほど奮起しないと大関の面目は丸つぶれに
なる。

<白鵬>

成長著しい若隆景は一月場所の全休が痛い。
これさえなければというところだが、九重勢
や魁聖も同様である。新型コロナウイルスに
よる休場でやむをえないこととはいえ、活躍
の場が奪われることはまことに惜しい。

それにしても現時点で白鵬が最下位とは、
時の流れを感じる。白鵬は潮時を誤ったの
かもしれない。

蒸し暑くなってきました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.