大相撲

■夏5日目ケガの巧妙!相撲を変えて成功した照ノ富士

初日から4連勝と危なげない相撲を取り続け
てきた照ノ富士。先場所に続き大関正代を
倒し、そして大関朝乃山にも勝っている若隆
景。今場所旋風が吹きあれている。若隆景は
照ノ富士にどういう相撲を取るか。5日目
興味津々の取組である。

<若隆景を小手にふる照ノ富士>

相撲はこう展開した。両力士、あたって離れ
ての突き合い、押し合い、探り合い。その
さなか、若隆景の右がはいった。だがその
瞬間、照ノ富士は小手にふってそのまま体を
よせて寄り切った。照ノ富士は終始落ちつい
ていた。若隆景がどうこようとあわてること
はなく、対応した。腰の構えは万全だった。
大関のなかでは一番安定している。

<若隆景を圧倒した照ノ富士>

ケガの巧妙という言葉がある。照ノ富士は
ケガをしてから寄り中心の相撲に変化した。
これがひざへの負担が少ない取り口である。
ケガが取り口をいいほうに変えたことに
なる。

琴櫻は足首骨折によって相撲を改造し、ぶち
かましとのど輪で相手をもっていく相撲に
変えていった。千代の富士は投げ中心で脱臼
癖あった。そのため、筋肉でよろいをつけ、
前褌を取って寄る相撲に変えた。それが大横
綱につながった。

隆の勝対御嶽海は両者の地力をはかるには
格好の一番である。このところ隆の勝に分が
悪い御嶽海だが、今日は違った。押されても
押し返し、力と力の相撲になった。隆の勝が
引いて勝負あった。御嶽海我慢の勝利であっ
た。

<御嶽海が隆の勝に勝利>

上位で全勝は照ノ富士、1敗は貴景勝・正代・
高安・御嶽海である。しかし、まだ序盤で
ある。戦いのクライマックスはまだまだこれ
からである。

行きは曇、国技館帰りは小雨、地元はやんで
いました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.