大相撲

2021年五月場所の視点

東京の非常事態宣言が延長された。5月11日
だったのが、5月31日になった。延長はある
程度予期されていたが、問題は大相撲五月
場所の開催である。最悪は15日間の無観客
開催である。その恐れがあった。しかし、
幸いにも大型イベントは上限5000人かつ50%
の収容率の緩和策となった。もっとも、イベ
ントは補償金が支払われないのだから開催も
条件つきでという面があってもおかしくない、
という見方があった。

<五月場所の案内>

国技館でクラスターが発生したことは1度も
ない。何が効果的て何が非効果的なのか、
そろそろ非常事態宣言の中身を検証したほう
がいい。ワクチンが早くいきわたれば、それ
が一番いいのだが、まだ時間がかかりそうで
ある。

初日から関取4人が休場する。白鵬は三月
場所中から明言していた。七月場所に進退を
かけることになるが、36歳では15日間戦える
体づくりは容易ではない。ほかに碧山・翠
富士が休場する。翠富士は幕内下位で下から
3枚目である。このままだと十両落ちは避け
られない。

<白鵬>

竜電も休場だが、理由は新型コロナウイルス
での感染防止のガイドラインに抵触したとの
ことである。こうしたことでファンを裏切る
ようでは自覚が足りない。それにしても毎
場所休場がなくならないのは重量級大相撲の
影響としか思えない。

大関は4人いる。近く横綱不在になりそうな
だけに横綱が期待されがちである。だが、
品格力量抜群のレベルは遠い。甘い昇進では
短命の恐れがある。照ノ富士は大関最強だが、
両膝に不安がある。昨年の七月場所から横綱
のフル出場はなかたにもかかわらず、5場所
で大関の優勝は1回だった。

<照ノ富士>

それ以前の大関の優勝は2017年一月場所の
稀勢の里まで遡らなければならない。大関は
特別待遇を受けているが、存在価値を示せて
いなかった。今場所は大関から優勝がでなく
ては面目丸つぶれになる。

関脇・小結は2場所連続全員勝ち越している。
照ノ富士は大関に復帰したが、高安、隆の勝、
御嶽海、大栄翔が3場所連続関脇・小結全員
勝ち越しに挑むことになる。達成すれば、
系統別総あたりが定着した昭和22年秋場所
以降では史上初になる。

<高安>

関脇・小結は勢いにのって勝ち進むようだと
優勝してもおかしくないだけの実力がある。
隆の勝は勝つときは強さを感じさせるが、
星が伴わない。10勝以上勝つ相撲がみたい。
高安は先場所の失速を脱却して初優勝を期待
したい。31歳だけにチャンスはそうない。

碧山の休場で豊昇龍が繰り上がって、大関と
対戦することになりそうである。霧馬山、
琴勝峰は上位の壁に跳ね返された。豊昇龍は
どこまで通用するか。あるいはしないか。
まもなく五月場所が始まる。

健康のためできるだけ歩くようにしました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.