大相撲

力尽きた三段目力士響龍

三月場所13日目、三段目の取組で土俵に頭
から突っ込んで強打し、動けなくなっていた
響龍が急性呼吸不全で死去した。28歳だった。
突然の訃報であった。響龍の一番は間近で
見ていて、動けなくなって大変心配していた。
ただ、呼吸はしているようだった。うつぶせ
で動けなくなった響龍を呼び出しが仰向けに
したが、下手に動かせる状態ではなかった。

<日刊スポーツの記事>

協会関係者が土俵に集まるが、どうしようも
ない。この状態がしばらく続いた。ようやく
医師と看護士がかけつけた。医師は響龍を
診察しだしたが、看護師は女性だからなのか、
土俵に上がらず控えていた。相撲界の悪しき
慣習がここに出た。担架が運ばれ、響龍を
そっとのせ、大勢の協会員によって静かに
運ばれた。

<土俵に強打して動けなくなった響龍>

相撲を取った経験がある方ならおわかりに
なると思うが、額から鋭い角度で土俵につっ
こむと前髪が切れることがある。また、俵の
あるところに倒れることは想像以上に痛い。
一月場所は脳震盪でふらふらになったケース
があったばかりである。相撲という競技は
思いがけない危険がつきまとう。

<担架で運ばれる響龍>

響龍が救急車で搬送されたと聞いていたが、
ずっと闘病生活をしていたとは気がつかなか
った。寝たきりであったと伝えられている。
重量級大相撲はケガのリスクがどうしても
高まる。元琴錦の朝日山親方は力士の理想的
体形として松鳳山をあげていた。松鳳山は
132キロである。幕下以下では最初から太っ
た力士がいるが、寄るか押すしかなく、残さ
れると苦しい相撲になる。

今後緊急対応講習をおこなうという。また
医師を土俵近くに待機させとくことが検討
されている。響龍は2011年技量審査場所が
初土俵である。照ノ富士、明生と同期である。
無事に天国に辿り着けただろうか。

歯医者にいきます。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.